子育てでイライラするのは「がんばっている」証拠!自分を責めないで

2017/03/21 20:00
11
私がいちばん大変だった時期は息子の2歳前後。イライラが最高潮に達すると、手が出てしまうのが悩みでした。この悩みを周囲にも相談しづらかったです。でも、私は勇気を出して育児相談で悩みを聞いてもらうことに。そこで教えてもらった対処法が私を変えてくれました。一生懸命に子どもと関わっているからこそイライラするのだということを学びました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
イヤイヤ期

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。何度言っても話を聞かない、泣き止まない……。毎日の育児で試行錯誤をするなか、イライラして思わず手が出てしまうこともありました。とくに大変だった時期は息子が2歳前後のときです。今回は、同じような悩みを持つママにお伝えしたいことをまとめました。

 

イライラすると思わず手が出てしまう

子どもをたたいてはいけない。そう分かっていても反射的に手が出てしまうママもいると思います。私はイライラが最高潮に達すると、言葉より先に手が出てしまうタイプです。

 

いちばん大変だった時期は、息子が2歳前後のとき。イヤイヤに辛抱強く寄り添い続けた結果、私のストレスはたまる一方でした。手が出てしまうたび、「またやってしまった……」と後悔する毎日。感情をコントロールできない自分に嫌気がさしていました。

 

悩みを周囲に相談する勇気も必要

手が出てしまう悩みを周囲に相談するのは、勇気がいることだと思います。夫や両親など、身近な人にこそ言えない悩みではないでしょうか。

 

そこで私は、勇気を出して育児相談で悩みを聞いてもらうことにしました。そこで教えてもらった対処法が私を変えてくれたんです。それは「イラッ」としたとき、目をつぶって数を数えること。人の怒りの感情は、発生してから6秒間がピークだといわれているそうです。これが私にいちばん効果のあった方法でした。


イライラするのはがんばっている証拠

いちばん大変だった、わが子のイヤイヤ期が過ぎ去り、息子は現在6歳。また違った悩みはありますが、イヤイヤ期に比べると楽だと感じています。今だから分かることですが、イライラするのはがんばっている証拠だったのだと思っています。

 

一生懸命に子どもと関わっているからこそイライラする。だからこそ、「私はダメだ」と自分を責めすぎず、「私はよくがんばっている」と自分を褒めることも大切にしてくださいね。がんばりすぎるとつらくなってしまうので、息抜きも忘れずに。

 

 

手が出そうになったときは別の部屋に移動するなど、気持ちが切り替わりやすい行動を見つけておくといいと思います。子育ては思い通りにいかなくて当たり前。大変な時期は必ず過ぎ去るので、がんばりすぎない育児を目指しましょう。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • かわいい
    !!!

    2018/01/23 18:56
  • 同じく2歳6ヶ月になる息子がいます。
    この事で毎日毎日、自分に嫌気がさしてました。
    早速試してみようと思います。家族に話すのは厳しいので、行政の育児相談にも行ってみたいと思います。この様な先輩ママさん方の経験がとても勉強になります。ありがとうございます!

    2018/02/17 01:08

この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。