病名は、バセドウ病。家事も育児もできない私に子どもたちがくれたもの

2018/10/23 12:00
72
この記事では、甲状腺の値が異常に高い、バセドウ病を患ったママの体験談を紹介しています。動悸がひどく、気持ちも沈んで寝込む状態が半年以上続き、家事はもちろん子どもたちのお世話もまったくできなくなってしまったママ。そんなママに子どもたちがくれたものとは……?
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談

ベッドで落ち込んでいる女性

 

みなさんは、寝込んでしまったことはありますか? 私は甲状腺の病気になり、半年以上まともに子どもたちのお世話ができませんでした。つらい思いをした、そのときの体験をお伝えしたいと思います。

 

甲状腺の病気で家事も育児も困難に

あるときから何をしても気持ちが晴れず、倦怠感が抜けない日々が続きました。数カ月後にはひどい動悸が始まり、足の先から頭の先まで脈打つのを感じ、不眠症になりました。

 

生理も数カ月止まっていたこともあって、若年性更年期障害だと思い、産婦人科を受診。数値は正常範囲内でした。そこで循環器系内科をすすめられ、受診すると、甲状腺の値が異常に高いことを指摘されました。病名は、バセドウ病。家事も育児も困難になりました。

 

子どもたちが気遣ってくれた

投薬での治療が始まりましたが、効果はすぐには現れません。自分のことをするのが精一杯で、子どもたちのこともすべて家族任せになりました。

 

家族もわからないことだらけで困惑していましたし、子どもたちは理解できず、しばらくはいつも通り甘えたり、わがままを言ったり……。しかしだんだんと状況がわかってきたのか、家のことを手伝ってくれたり、「私たちは大丈夫。ママは寝てていいよ」と言ってくれるようになりました。家族の支えを、とてもありがたく感じました。


子どもたちからの励ましの手紙に感動

申し訳ないなと思いつつも、数カ月間はどうしても動けない状態。それまでは一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たりしていたのにできない、一緒に出かけることもできない……。そんな自分が情けなくも感じましたが、家族と過ごす普通の生活が幸せなんだと改めて感じました。

 

子どもたちが「ママ、だいすき」「早くげんきになってね」と、手紙や絵をたくさん描いて枕元に置いてくれたことがありました。私はとても感動し、とても励まされました。

 

 

数値が悪かったため、普通の生活に戻るのに半年以上かかりましたが、おかげさまで元気になりました。子どもたちの気持ちがとてもうれしかった。これからも愛情を注いであげたいと感じました。


著者:石原みどり

知的障害を持つ子どもと口唇口蓋裂を持つ子どもの母。波乱万丈で大変なこともあるが、子どもたちと幸せいっぱいに生活している。経験を踏まえ、子育てに関する情報を発信中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
72

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。