わが子が好きな本だけを厳選できる!乳幼児と図書館へ通うことの魅力

2017/03/27 21:00
7
図書館を利用すれば本当に子どもが好きな本を厳選できて、お気に入りだけを別で購入することもできます。また、乳幼児連れでも安心の施設が整っているところも多いので、通いやすいと知りました。さらに、図書館通いをした結果、絵本を大切にする心なども芽生え、いいことばかりでした。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
知育

 

こんにちは。ママライターの小林夏希です。現在2歳になる長男が読むのはほとんど大人が選んだ絵本でしたが、本人は気に入らず、読んでいない本も多数……。そんななか、まだ早いかな?と思いつつ、図書館を利用してみたところ大当たり!図書館は、乳幼児でもとても活用できると感じました。

 

乳児連れでも!充実した施設

私個人のイメージでは、図書館は静かにしなければならず、赤ちゃん連れで行く場所ではありませんでした。しかし、調べてみると、おむつ交換台はもちろん、授乳室を完備した図書館もあり、とても行きやすい場所なんだと目からウロコ。下の子が5カ月なのでとてもうれしい発見でした!

 

また、絵本の読み聞かせがあったりと、ママの交流の場にもなりそうです。お弁当が食べられるようなところもあるので、休日のお出かけスポットとしても優秀です。

 

気になれば借りてみる!気に入ったら購入

具体的な活用方法ですが、まず、私が行っている図書館は10冊まで借りられるので、とにかく気に入った絵本は借りています。借りた本は家で読んでみて、「もう1回!」と何度も繰り返し読むようなお気に入りなら、購入も考えています。

 

こうすることで、表紙は好きでも内容は興味なし……というときでも、返却すればいいだけなのでラクチン!もちろんお金もかかりません。ムダに絵本を増やさなくて済み、本当に好きな本が分かりやすくなりました。

 


図書館はいい影響がたくさん!

今までは絵本を投げたりすることもありましたが、「返さなければいけない」という声かけを繰り返すことで、図書館の本はもちろん家にある本も投げないようになりました。初めての貸し借りという経験から、物を大切に扱うことの気付きになったのだと思います。

 

そのほかにも、絵本の中のセリフを覚えていて、おままごとなどで遊びながらも、その言葉を言ってみるなど、絵本以外の時間でも世界が広がっているようで、いい影響が出ている気がしています。

 

 

このように、図書館は乳幼児連れでも気兼ねなく楽しめます。読書は決して子どもにとってマイナスにはならないと信じて、これからもたくさん読む機会をつくってあげたいと思っています!(TEXT:ママライター小林夏希)


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。