赤面!ベッドを汚したのは悪露ではなく〇〇!?【ママの体験談】

2018/04/18 12:00
8
2人目出産後のママさんの体験談を紹介しています。まだ悪露もかなり残っているなかで大量に出血した感覚が……。しかしそれは出血ではなく、なんと尿だったそうです。

体操している女性

 

無事に2人目を出産して病室でひと安心……と思いきや大量出血!?しかしそれは緩みに緩んだ骨盤底筋のおかげで起こった盛大な尿もれだったんです。1人目の比じゃなかった、私が経験した当時の尿漏れ事情とその後の対策をお伝えします。

 

大量出血?シーツを汚した正体は尿もれ

2人目の産後2日目、まだまだ悪露が残っているなかドロッと大量に出血したようないやな感覚がしました。下着やパジャマはもちろんベッドまで汚してしまい、かなりあせりました。

 

しかし、なんとそれは多少血は混ざっていたものの、出血ではなく尿!なんと排尿時の感覚が分からないほど、筋肉が緩んでしまっていたのです。1人目のときは多少トイレが近くなったかな?と思うくらいだったため、私にとっては衝撃的なできごとでした。

 

トイレをがまんできない!

その後は、少しでもがまんするとトイレが間に合わない!という状態だと分かり、赤ちゃんをベッドに残して1日に何度もトイレに行くことに……。部屋ごとにトイレのある産院で本当によかったと実感しました。

 

とても情けない思いで助産師さんに話をしましたが、産後の尿漏れはよくあることらしく、自分だけではなかったことにホッとしました。しかしこのままではいけないと感じ、助産師さんに対策を教えてもらいました。


尿もれ対策は日々の積み重ねが大切

私が続けられた対策は2つ。仰向けで膝を立てて腰を上げる体操と日常的に腟に力を入れることです。赤ちゃんと一緒に横になりながら、授乳しながら……など、とにかく回数をこなすのがポイントで、慣れてきたら1回ずつの時間を延ばしていくと効果的なんだそうです。

 

産後6カ月がたった今では、トイレの感覚は少し短いものの、尿もれすることはなくなりました!

 

 

妊娠中だけでなく、産後まで尿もれ(しかも大量)に悩むなんてショッキングですよね。しかし、産後ママなら多くの方が通る道なので、あまり気にしすぎず、地道に体操などで改善していくことをおすすめします!(TEXT:小林夏希)

 


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。