おなかの中は快適!?出産予定日を過ぎたらどうなる?【誘発分娩編①】

2018/04/20 19:00
9
この記事では「誘発分娩」について、助産師のREIKOさんが解説しています。今回は誘発分娩の基礎知識編です。予定日を過ぎてしまったり、無痛分娩を選択するママに読んでいただきたい内容になっています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
助産師REIKO
妊娠
出産
破水

女医と患者のイメージ

 

こんにちは!助産師のREIKOです。出産予定日を過ぎてからの妊婦健診で、お産の兆候があまりみられない場合、「誘発分娩も考えないとね」と、医師から説明されることがあります。「誘発分娩」という言葉を聞いたことはあるけれど、実際はどのようなことをするの?という方もいらっしゃると思います。そこで今回は、誘発分娩についてお話ししたいと思います。

 

誘発分娩ってなに?

誘発分娩は、おなかの中の赤ちゃんがママの産道を通って生まれてくる「経腟分娩」が可能なケースで、陣痛がみられないとき、人工的に陣痛を起こしてお産にする方法です。

 

誘発分娩というと、「陣痛促進剤」をイメージされる方も多いかもしれませんが、子宮の入り口である子宮頸管をやわらかくし、お産可能な状態になるようにする処置、「頸管熟化(けいかんじゅくか)」の処置も含まれているんですよ。

 

どのような場合に誘発分娩をおこなうの?

誘発分娩をしたほうがいいと判断されるケースは、これ以上妊娠を継続することで、おなかの中の赤ちゃんやママにとってリスクとなる場合です。

 

出産予定日を過ぎ、お産の兆候が見られない場合、このまま経過してしまうと、過期妊娠となってしまい、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。そのため、私が働いていた病院では、出産予定日を過ぎてしまった場合、妊娠41週ごろに誘発分娩をおこなうケースが多かったように思います。

 

このほかにも、破水をしたけれど陣痛が来ない、赤ちゃんが成長していないなどのケースで分娩誘発をおこないますが、それ以外にもおうちが遠く、陣痛が来てから病院に向かうと間に合わない、ママの不安が強いなどの理由で、誘発分娩となることがあります。


誘発分娩をおこなうためには条件がある!

誘発分娩は、日本産婦人科学会および日本産婦人科医会のガイドラインに基づいておこなわれなければなりません。また、誘発分娩に関して、きちんと医師が説明したうえで、ママが説明の内容を理解し、ママとご家族が同意書にサインすることが必要になります。

 

誘発分娩に使うお薬にアレルギーがある、帝王切開を過去に2回以上している、前置胎盤であるなど、誘発分娩ができない場合もあります。

 

 

いずれにせよ、医師の説明を聞いてわからないこと、不安なことはきちんと確認しておくことが大切です。次回は、誘発分娩の実際についてお話したいと思います。


医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。