記事サムネイル画像

「あなたにも落ち度があった」はぁ?娘を無断で連れ去った義母の発言に母親がまさかの… #娘の先生との最低な不倫 2

「娘の先生との最低な不倫Season2」第2話。主人公のヒヨリさんは、夫・ユウマと娘・メイの3人で幸せな生活を送っていました。しかし、夫の不倫が発覚。その不倫相手はまさかの娘が通う幼稚園の先生でした。ヒヨリさんは弁護士を介して双方に慰謝料を請求し離婚。そして、実家で新生活がスタートしたのです。しかし、離婚までの道のりは険しく壮絶な日々でした……。

離婚成立を目前に、同意していたはずの義父母から「離婚は踏みとどまってほしい」と相談されたヒヨリさん。そんなことを受け入れられるはずもなく、「誰のせいでこんなことになったのか」と話を切り上げました。その後、ヒヨリさんが幼稚園に娘を迎えに行くと、すでに娘は「おばあちゃん」と帰宅したと知らされ……。

相談時の会話を思い出し、娘が一緒に帰った相手は義母だと察し、ヒヨリさんは急いで義実家へ向かいますが……!?

「娘を返してください!」

最低な不倫2-1

 

最低な不倫2-2

 

最低な不倫2-3

 

 

 

最低な不倫2-4

 

最低な不倫2-5

 

最低な不倫2-6

 

 

 

最低な不倫2-7

 

最低な不倫2-8

 

最低な不倫2-9

 

 

 

最低な不倫2-10

 

最低な不倫2-11

 

最低な不倫2-12

 

 

 

最低な不倫2-13

 

娘の居場所がわかったと知らせを受けたヒヨリさんの母は、急いでヒヨリさんの元へ駆けつけます。

 

娘を取り戻しに行ったヒヨリさん親子に対し、義母は謝罪の一言もなく「メイも父親に会いたいはず」の一点張り。

 

さらに、不倫した息子を棚に上げてヒヨリさんにも原因はあると衝撃的な発言。

 

それを聞いたヒヨリさんの母は、「家族のために必死で頑張ってきたヒヨリは悪くない!」と激怒したのでした。

 

 

いくら身内だからといって無断で孫であるメイを連れ去ることは驚いてしまいますね。

 

さらに、不倫の原因をヒヨリさんになすりつける始末……。

 

家事や育児は会社員のように明確な給与があるわけではなく、なかなか評価されにくいと感じている方も少なくないと思います。それでも、家族の幸せのために精一杯頑張っている方が多いのが現実でしょう。

 

だからこそ、不倫というかたちでパートナーに裏切られたときの傷は一層深く、耐え難いものがあります。

 

義母には同じ母親として、そしてひとりの女性として、ヒヨリさん親子に浴びせた言葉がどんなに酷いものだったか自覚し、撤回してもらいたいものです。

 

作画:Sumi

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    ライターひより

    やさしい夫と幸せに暮らしていたひより。しかし、あるときから夫の休日出勤が増え始めます。仕掛けたボイスレコーダーから聞こえてきた声は、まさかの身近な人物で……。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    42 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      これは誘拐で処理できないのかなあ。警察呼ぶって言ったらすんなり返しそうな人だけど

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →