医療 助産師REIKO 妊活 妊娠 病気・ケガ 新生児 先天異常

薬を飲むとおなかの中の赤ちゃんにはどんな影響がある?【助産師が解説】

32

お薬のことは、必ず医師や薬剤師に相談しよう!

妊娠中、なるべくお薬は使いたくない!と思うママも多いかと思います。お薬を使わないで済むのであれば、それに越したことはないのですが、そこでいちばん注意していただきたいのが、「自己判断しない」ということ。

 

妊娠前から継続的にお薬を飲んでいた方が、妊娠を機に自己判断で内服をやめてしまった……というケースは少なくありません。しかし、それによって、症状が悪化し、かえっておなかの中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあるんです。

 

私が働いていた病院では、ママが継続的にお薬をしている場合、効果は同じでも、おなかの中の赤ちゃんにより影響が少ないお薬に変更したり、お薬の量を変更したりしていました。お薬によっては、定期的に血中濃度をチェックすることもありましたよ。

 

 

妊娠中のお薬に関しては、必ずかかりつけ医や薬剤師に相談して、適切なお薬を正しい方法で使っていただけたらと思います。また、継続的にお薬を使われていて、妊娠をご希望される方は、前もって医師に相談しておくと安心かと思います。


医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。