食・レシピ 食べていいものダメなもの 体験談 幼児食

【小児科医に教わった】おなかの調子が悪いときの食事の方法

 

わが家の下の子は、体質的なものなのか、おなかを壊してしまうことが多々あります。上の子は胃腸が丈夫でほとんどおなかを壊すことがなかったため、おなかの調子が悪いときってなにを食べさせたらいいの?と迷ってしまいました。そんなときに、小児科の先生に教えてもらった食事の方法をお伝えします。

 

続きを読む

食べられないときは食べさせなくていい

私は「病気を治すには体力が必要だから、少しくらい食べさせたほうがいいのでは?」と思っていましたが、本人が食べ物を受け付けない様子なら、1日や2日、無理に食べさせなくていいと小児科の先生に指導されました。

 

たしかに、大人がおなかを壊して食べられないときも、不思議と空腹感を感じないことが多いかと思います。ただし、食べられなくても水分補給だけは必要とのこと。しっかり心がけたいですね。

 

少し食べられそうなときにおすすめの食べ物

わが子の症状がだんだんと回復して、「少しなら食べられそうかな」といった様子になってきたときにおすすめなのは、「おせんべい」と「大根のおみそ汁」なのだそうです。

 

私は、なんとなく「病気のときはおかゆかな」と思って作ってみましたが、わが子はほとんど食べてくれませんでした。ところが先生の言うとおり、おせんべいをあげてみると、食べやすいのかサクサクと食べてくれたんです。大根のおみそ汁は、大根が苦手なら汁を飲ませるだけでもいいそうですよ。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。