帝王切開で生まれたわが子。はじめは違和感を感じてしまった【体験談】

2018/05/12 23:00
25
帝王切開で生まれたわが子に違和感を感じてしまったというママさんの体験談を紹介しています。産後、「出産をした」という自覚があまり湧いてこなかったママさんですが、日が経つにつれてわが子への愛しさを実感するようになったそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
帝王切開

帝王切開のイメージ

 

私は3人の子どもを帝王切開で産みました。おなかにはその勲章とも言える傷がしっかりと残っています。ただ1人目の出産のときに、帝王切開が決まった瞬間は正直ショックでした。今回は、そんな心の傷とどのように向き合ったかをお話したいと思います。

 

まさかの帝王切開にショック

1人目出産時は誘発分娩のために入院したのですが、入院説明の際に腟ヘルペスの疑いがあるとのことで、急遽帝王切開が決まりました。

 

手術の不安はもちろんのこと、陣痛から経腟分娩を経験できないということ、さらには2人目以降も帝王切開になるだろうということがやはりショックでした。私自身、はじめは「おなかを痛めて産んだ子」というものを経験したかったのです。

 

達成感のない出産とわが子への違和感

帝王切開での分娩は下半身麻酔での手術のため、術中の痛みはありません。出産してすぐは、赤ちゃんの泣き声が聞こえて涙しました。その後は、赤ちゃんと同室ではなく、自分ひとりの病室へ。

 

ひとりで病室にいると、「私は出産したの?たんに手術をしただけじゃないの?」という不安に掻き立てられました。「出産をした」という自覚が私にはあまり湧いてこなかったのです。母子同室になったときも、わが子を見て「本当に私が産んだのだろうか?」という違和感さえ抱いていました。


帝王切開も立派な出産!

それでも日が経つにつれて、わが子への愛しさを実感するようになりました。帝王切開を経験していないママからも、「帝王切開のほうが絶対痛いよ! すごいことだよ!」と言ってもらえたこともあって、「そうか! 出産方法が違うだけで、10カ月おなかの中で赤ちゃんを育てたことには変わりはないんだ!」と気付くことができました。術後の傷は決して消えることはないけれど、今となっては私の誇りでもあります。

 

 

もし、私がまわりから心ない言葉をかけられていたら、帝王切開に対する心の傷はもっと深くなっていたと思います。帝王切開も立派な出産! 3人の子どもを産んだという誇りを胸に、これからもわが子と向き合っていきたいと思っています。


著者:山野美由紀


  • こんにちは。
    私も帝王切開で3人を出産しました。
    最初の子が逆子で、ギリギリまで待ちましたが直らず…
    うちの母が、普通分娩にて6人産んでるし、妹も普通分娩してるのに、自分が経験出来ない事に凄くショックを受け、術後もベビーはすぐに連れて行かれて、なんだか寂しい気持ちになったのを凄く覚えてます。
    でも、帝王切開も立派な出産。術後が大変なので頑張ったね。と言われると、ほんとにに救われました。
    そして今、4人目を妊娠中です。
    あと3週間後に予定帝王切開で出産します。
    ほんとは3人までの予定でしたが、今回順調に妊婦経過したので、出産を決意しました。
    もうこれ以上、子宮を傷付けたら危険との事なので、今回帝王切開したついでに卵菅結束をします。
    4人、帝王切開でも私は胸を張って立派に出産した。と言っていきます

    2017/05/28 17:39
  • わたしも緊急帝王切開での出産でした。
    姑には帝王切開だから体が楽でしょう。回復も早いかもね、と言われ、なんだか軽く見られてるんだなぁと思ったのを覚えています。全然楽なことなんてないのになぁと。
    現在2児のママですが、もう1人産みたいと思っています。だって、帝王切開だろうが何だろうが、我が子は愛しくて可愛くて、かけがえのない存在だから。誰かの心ない言葉なんてどうでもいいや!って

    2017/09/29 21:38
  • 私もつい2週間ほど前に帝王切開で出産しました。
    元々は自然分娩の予定で、予定日超過で促進剤を2日続けても子宮口が1cmから開いてくれず、途中で破水もしてしまい最終的に残された選択肢が帝王切開でした。
    初産だったので下から産む痛みを経験したかったのと、2人目以降も帝王切開になる…ということもあり自分が何だか情けなく感じ悔しくて。
    促進剤を続けても子宮口が開くか分からなかったので助産師さんに慰められながら泣く泣く帝王切開を決意しました。
    でも産んでしまえば我が子は可愛くて。
    自然分娩の痛みを経験することはきっともうないのだと思いますが、結局、羊水も濁ってきてたみたいで早めに出してあげれてよかったなと今となっては思います。
    どんなお産でも、命懸けで出産するお母さん達は本当に立派です!

    2017/12/10 00:16
  • 2人の子供を帝王切開で出産しました。
    1人目が逆子で、逆子体操をしても結局効果なくて。主人は、私の体が大事だから1番安全な方法で!と、帝王切開で出産しました。私もそうだ!安全で安心な方がいい!とためらいもなく帝王切開で出産しましたが、出産してしばらくたってから姑さんから、帝王切開だからイタさが分からないとか、楽だとか、言われて…そうなんだ私は楽したんだ。痛い思いをしなかったからダメなんだ…と悩むことがありました。
    ずいぶんたってから、スマホを持つようになって簡単にネットの情報が見られるようになって、私と同じ思いをしている人たちがいるんだ!と、なんだか安心しました。
    今は、姑さんと一緒に住んでいますが、ずいぶん昔の事のように思います。どちらにせよ、可愛い子供、孫ですから!
    もう、2人の子供も高校生です。

    2018/05/13 14:03

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
25

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。