暮らし 安全対策

まずは患部を清潔に!わが家の虫刺されケア3つのポイント

 

わが子が1歳のとき、保育園から帰ってくるたびに、手足に虫刺されがたくさんありました。保育園で遊ぶ園庭に木があることから、虫がたくさんいるようです。虫に刺されたあとのホームケアに追われる日々。今回は、わが家で実践した虫刺されケアのポイント3つをご紹介します。

 

続きを読む

まずは刺された患部を清潔にする

保育園でも、吊り下げタイプの虫よけ剤を利用するなど、いろいろな予防を行っていました。それでも虫に刺されてしまう。園庭にある木がなければ、ここまで虫に刺されることもなかったかもしれませんが、自分の思う通りにはいきませんよね。

 

まず虫に刺されたときは、患部を流水で洗いました。毒素が残っていると症状がひどくなる可能性もあるとのこと。まずは皮膚を清潔にすることが基本です。

 

赤く腫れている、かゆいときは冷やす

わが子は、虫に刺されると決まって赤く腫れ、かゆくなることがほとんど。かきこわしてしまうと症状は悪化する一方なので、冷たい水で絞ったタオルで患部を冷やすように意識しました。保冷剤がある場合はタオルに包んで冷やしてもいいですね。

 

患部を冷やすことで、かゆみが和らぐことが多くありました。虫刺されの症状がひどい場合は皮膚科を受診し、薬を処方してもらいました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。