テーマパークへGO!赤ちゃんとのお出かけで心得ておきたいこと

2017/06/15 22:00
3歳の娘と6歳の息子を連れてテーマパークへ行ってきました。乗り物の待ち時間は平均1時間。私たちの前に0歳と1歳くらいの子どもを連れた家族がいたのですが、泣いて暴れていました。ようやく順番が回ってきたと思いきや、1歳の子どもがおむつにうんち。待つことは赤ちゃんと親にとっても負担になると感じました。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お出かけ

 

先日、家族そろってテーマパークへ出かけてきました。乗り物は平均1時間待ち。待つのにひと苦労です。とくに小さな子どもにとって「待つ」ことは非常に難しいものですよね。泣きわめいてしまっている姿をよく見かけました。今回は、テーマパークで感じた赤ちゃんとのお出かけで心得ておきたいことをお伝えします。

 

乗り物の待ち時間は当たり前

3歳の娘と6歳の息子を連れてテーマパークへ。夫と3歳の娘は乗り物が苦手なため、夫と娘、私と息子で数時間別行動をすることにしました。できれば家族一緒に楽しみたいところですが、それぞれが楽しむためには多少仕方がないかな?

 

私は息子と一緒にお目当ての乗り物へダッシュ!待ち時間は1時間でした。連休ではありませんでしたが、気候のいい週末は、待つことを心得ておかないといけないなと痛感しました。

 

赤ちゃんの負担は想像以上!待つって大変

テーマパークによっては数時間待ちが当たり前のところもあり、子ども連れだと大変ですよね。私たちの前に0歳と1歳くらいの子どもを連れた家族がいました。10分も経たないうちに泣いて暴れ出します。

 

ようやく順番が回ってきたと思いきや、1歳の子どもがおむつにうんち。てんやわんやな様子を後ろから見ていました。大変な思いをしてまで待つべきか、別の楽しみ方はないものかと感じた瞬間でした。


小さな子どもが楽しめるプランを検討する

混雑の少ない日に行けるといいのですが、そうはいきませんよね。わが家では3歳の娘も楽しめるよう、事前に施設やイベントをチェックしました。

 

乗り物メインではなく、ボールプールやすべり台で遊べる施設をメインに。また、パレードやキャラクターショーを楽しみました。乗り物は混雑していても、これなら影響が少ないですよね。年齢によった楽しみ方があると感じています。

 

 

乗り物のほかに、ランチバイキングや温泉、夜はイルミネーションを楽しみました。非日常体験は、子どもにとってもいい刺激になりますよね。天気がよければ過ごしやすい季節。家族の思い出づくりにテーマパークへ出かけてみませんか?(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。