ごめんね…今ならわかる夜泣きが3歳まで続いた長男の気持ち【体験談】

2018/06/04 22:00
69
この記事では、生後半年から3歳まで続いた夜泣きに関する体験談を紹介しています。お子さんが3歳になり、言葉が発達したとき、繊細で臆病な性格だということに気が付いたそう。きょうだいが増えることで何か不安に感じていたことが夜泣きの理由だったかもしれないと感じたそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
夜泣き
体験談

泣いている赤ちゃん

 

わが家は4人きょうだい。長男は現在小学4年生です。今では頼れるお兄さんですが、生後6カ月から3歳まで、毎日1時間から2時間ほど、ひどい夜泣きをしていました。なにかに怯えたように泣き叫ぶのです。新米ママだった私は、理由がわからずにいましたが、4人の子どもを育てて性格の違いを実感し、長男の夜泣きの理由がようやくわかったような気がしました。

 

長男の夜泣きの状況

長男が生後半年のとき、私は次男を妊娠しました。そのあたりから、長男が毎日夜に泣き叫ぶように。抱っこをしても何かに怯えたように1時間以上泣いています。

 

毎日毎日、それが繰り返されるので、私も寝不足で精神的に不安定になっていました。「1歳になったら落ち着く」「2歳になったら落ち着く」そんな慰めを受けていましたが、夜泣きが治まったのは3歳でした。

 

3歳になり、言葉が発達して気付いたこと

長男は言葉の発達がゆっくり。長男の性格と次男の性格を比べられるようになると、長男はとても繊細で臆病な性格だということに気が付きました。

 

アンパンマンのアニメも「こわい」、海が遠くに見えるだけで「こわい」、お風呂の湯船も「こわい」と言って泣いていました。年子の弟に続き3歳下の妹ときょうだいが増えることで、臆病な性格の長男は何ともいえない不安に押しつぶされそうになっていたのかもしれない…と気付いたのでした。


「ごめんね…」それでもやさしく育ってくれた

新米ママだった私は、長男の気持ちに気が付いてあげられず、今でも後悔しています。夜泣きの影響で私自身も不安定になり、長男に厳しくしてしまうこともありました。

 

大きくなった長男に、赤ちゃん時代の話をするときは、毎回「あのときはごめんね」と謝っています。長男は毎回「いいよ」と言ってくれます。当の本人は夜泣きをしたことなど覚えていないようですが、こんな母でもやさしい子に育ってくれてよかったと思っています。

 

 

わが家の長男のように、3歳まで泣き叫ぶことは稀かと思います。今、夜泣きが大変だと感じている方は、繊細な性格なのかな~と理解して、できるだけ寄り添ってあげてほしいと思います。


著者:武山あゆみ

三男一女の母。ワンオペ育児に奮闘するかたわら、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 「こわい」という感情を覚えた時期って、何でも怖がったりしますが、少し経つと落ち着きます。

    同じ月に産まれた子はみんな同じくらいの時期にそうでした。
    成長の証なので、夜泣きの話とは関係ないのではないかと思います。

    ただ、感が強い子は夜泣きするって言いますね。

    うちも長男は夜泣きも人見知りもなく
    次男は、夜泣きも人見知りもしますから、夜泣きと人見知りは、その子の性質なんでしょうね。

    2017/06/18 11:30

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
69

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。