【新米ママの体験談】子どもの発達・発育が気になって仕方がない!

2017/07/07 20:00
親が気にする子どもの発達。子どもの顔の変化におどろいたり、寝返りやずりばいなどの発育状況で、まわりの子どもと比較して落ち込んでしまったりと悩みは尽きません。とくに大事な離乳食でも子どもの発育状況を気にしてあせることばかり。とにかくまわりとの違いや発達速度が気になってしまいました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談
発達

 

子どもの発達や発育は親としてはとても気になることですよね。周りの子どもの発達状況を見て、自分の子どもとの差に驚いたり、パパやママに似ているかな?と考えてしまったり、悩みは尽きません。子どもの発達や発育が気になって仕方がない新米ママの体験談です。

 

成長とともにどんどん変化していくわが子

私の子どもは出産してすぐ、「あ、パパ似だ」と分かるほど、パパにそっくりな顔立ちでした。ところが、生後7カ月を過ぎたあたりから、「ママ似だね」と言われることがとても多くなりました。

 

たしかにわが子の写真を見返してみると、目の大きさも出生時の2倍ほどに大きくなり、もともとは一重だった目も二重になっていました。鼻や口、輪郭などに大きな変化はありませんが、目には大きな変化を感じました。

 

やっぱり気になる体の発達・発育

だんだんと確実に成長していくわが子ですが、その成長度合いや発達・発育状況は、親にとってやっぱり気になることですよね。私は、同じくらいの月齢の子やもっと小さい子が、寝返りやおすわり、ずりばい、つかまり立ちなどができるようになっていると、「どうしてうちの子は……」と悲観的になりがちでした。

 

でもあるとき、急におすわり、ずりばい、はいはい、つかまり立ちと、1週間の間にポンポンポンとできるようになったんです。そのときには、なんだか不思議な気持ちで、成長度合いや発達・発育状況を気にしすぎていた自分に気付きました。


いちばん気になったのは「離乳食」

私が子育てをしていていちばん気になったことは、「離乳食」に関することでした。意気込んで離乳食をスタートさせたものの、子どもはあまり食べてくれず、やっと食べてくれたと思ったら、たったのふた口。とにかく心配が尽きませんでした。

 

SNSなどを見て、「まわりの子はみんな、こんなに離乳食が食べられるのに……」と気にしてばかり。ところが、保育園に預け出してからは一転。毎日おどろくほど、ごはんを食べて帰ってきます。この急展開に私は子どもの成長の早さに気付かされました。

 

 

親が気にしがちな子どもの発達・発育状況ですが、みんな同じように悩んでいるのではないかと思います。まわりの子と比較せず、自分の子どものペースに合わせて見守っていくことが親の務めなのかもしれませんね。(TEXT:ママライター今井さくら)

 


  • 0
  • 0
  • 3
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。