先輩ママが教える!あせって買わない方がいい出産・育児グッズ

2017/08/22 18:00
ついつい育児グッズを手に取りますが、いざ子育てしてみるとあわてて買わない方がよかったものも。おしゃぶりはほぼ未使用で捨てるハメになり、よだれかけは外食以外出番なしでした。A型ベビーカーやベビーベッドは場所を取るだけで、息子には使用する機会がありません。育児グッズは子どもの成長に合わせて必要なものを買うことが理想かもしれません。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品
哺乳瓶
選び方
ベビー服

 

 

わが子の誕生に気持ちはウキウキ!ついついたくさんの出産・育児グッズを手に取ってしまいますよね。でも、いざ子育てをしてみると、あわてて買わないほうがよかったものがたくさんあります。ここでは、私があせって買わなくてよかったと思ったグッズを紹介します。

 

1.おしゃぶり・よだれかけ

 

わが家の息子はおしゃぶりや哺乳瓶の口が苦手なようで、なかなかくわえてくれませんでした。数種類買いましたが、まったく使わず、衛生面の問題から買取はできないので、ほぼ未使用で捨てるハメに……。かわいいデザインのものをくわえさせたくても、本人が使ってくれないのではしょうがないですよね。

 

また、よだれかけは、出産祝いなどでもたくさんもらったため、あまり買わなくてもどんどん増えていきました!お祝いはありがたかったのですが、わが家の息子はあまりこぼさない子だったので、外食のとき以外ほとんど出番がありませんでした。

 

2.A型ベビーカー

 

子どもを連れて、近所をお散歩するところを想像しながら買ったA型ベビーカーでしたが、息子は抱っこが大好きで、ほとんど抱っこひもでことが足りてしまいました。1~2回使ってからは、あとは荷物置きとしてしか使うことがなく、息子はその後あっという間によちよち歩きが始まりました。

 

ベビーカーは場所を取るので、結局、数回使用しただけで買取をお願いしました。出産後1カ月はほとんど外出しないので、子どもが生まれてから子どもの成長や動きを見てから選ぶことをおすすめします。


3.ベビーベッド

家の中で場所を取るだけで、まったく使用する機会がなかったのがベビーベッドです。こだわって買ったベビーベッドだったのに、息子には不評でした。息子は眠りが浅く、常に寄り添っていないと夜泣きがひどかったので、ずっと私と同じ布団で寝ていました。

 

そのため、ベビーベッドはインテリア化!すぐに片付けてしまいました。レンタルやリースもあるので、必要になってから買うなり、借りるなり、検討するほうがいいかもしれません。

 

 

出産後にあわてなくていいように準備することは、出産の楽しみのひとつです。しかし、手当たり次第に買い揃えても、出番がないまま終わってしまうグッズも……。子どもの成長に合わせて必要なものを買い足していくことが理想かもしれません。(TEXT:ママライター手塚みく)

 


  • 0
  • 1
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。