抱っこひも?ベビーカー?悩める大人がひとりのときのお出かけスタイル

2017/07/22 21:00
お出かけのときに欠かせない抱っこひもは、肩こり・腰痛など、ママの体の負担になるデメリットがあったり、ベビーカーは場所を取ってしまって邪魔だったりも。私は、子どもと2人で出かけるとき、「子どもの機嫌」「行く場所」「買い物の有無」などを考慮して決めています。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビーカー
抱っこ紐

 

パパが単身赴任などで、ママひとりで子どもとお出かけする機会が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者もそのひとりです。そんなお出かけの際、「抱っこひも」にするか「ベビーカー」にするかは大きな悩みかと思います。

 

抱っこひものメリット・デメリット

抱っこひもの大きな悩みが、肩こりや腰痛などのママの体の負担になるということ。ただ、抱っこひもだと両手があくので、いろいろな作業できたり、子どもが泣いてもすぐに落ち着かせたりできる点は、大きなメリットですよね。

 

私の場合、子どもが抱っこ星人なので、外に出るときは必ず抱っこひもを持参しています。

 

ベビーカーのメリット・デメリット

ベビーカーのメリットは、子ともや荷物を乗せて運ぶことができる楽さにあります。ごはんを食べるときやお買い物のとき、子どもを抱えていなくていいので、重宝する存在です。

 

ただ、まだ月齢の低い子どもは長く座っていることが難しかったり、お店の中や電車などで場所を取ってしまって邪魔だったりということも。とくに公共交通機関では、ベビーカーに対しての印象があまりよくない方も多いのではないでしょうか。


1人でのお出かけはどちらがいいのか?

私はお出かけスタイルは、「子どもの機嫌」「行く場所」「買い物の有無」で、その都度変えています。

 

お昼寝がしっかりできたときや機嫌がいいときは「ベビーカー」、子ども向けの施設へ行くときや混んでいる時間帯の電車に乗る必要があるときには「抱っこひも」です。うちの子はベビーカーをいやがることが多いですが、話しかけながら押すと満足してくれることもありますよ。

 

 

1人でお出かけするときには、抱っこひもにするかベビーカーにするかということが大きな問題だというママもいると思います。月齢が低いうちは子どもの様子や機嫌に合わせてどうするか決められるといいですね。(TEXT:ママライター今井さくら)

 

 

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。