どう対応すればいい?子どもが怒ったときに物を投げる【ママの体験談】

2018/07/01 09:00
この記事では、子どもが怒って物を投げたときの対応に関するママの体験談を紹介しています。物を投げてしまったとき、まずはしかる前に子どもの気持ちを想像して代弁するように心がけたそう。また、しかるときは短く端的に伝えるようにしたそうです。

怒っている赤ちゃんのイメージ

 

息子が1歳のとき、気に入らないことがあると、近くにある物を投げてしまうことが増えてきました。自己主張は成長過程のひとつですが、できるだけ「物を投げる」ことは阻止したいところ。今回は、物を投げる息子にどう対応すべきか、私が試行錯誤したエピソードをお伝えします。

 

怒ると物を投げてしまう息子に困惑

私の息子は、1歳になったころから怒ると物を投げることが増えてきました。とくに多かったのが食事中です。嫌いな食べ物が目の前にあるだけで、お皿ごとガシャーンと投げていました。

 

私は「せっかく作ったのに!」と頭に血が上り、思わず息子の頭をたたいてしまったこともありました。しかし、それでは解決の糸口が見つかりません。そこでどうして物を投げてしまうのか、息子の気持ちを考えてみることにしました。

 

息子の気持ちになって考えてみた

1歳ごろは言葉がまだ未熟です。もし私がうまく言葉を発せられなかったら、どんな気持ちになるだろう。伝えたいのに伝えられない気持ちを考えると、息子が物を投げてしまう気持ちも分かる気がしました。

 

息子は言葉でうまく表現できないから、物を投げるといった行動で私に気持ちを表現していたのかもしれません。そう思うと、物を投げてしまったことをしかる前にすべきことがあると感じました。


しかる前に気持ちを代弁してあげる!

息子が物を投げてしまったとき、まずはしかる前に「食べにくいよね」など、息子の気持ちを想像して、私が代弁してあげるように心がけました。しかるときは息子の目を見て「お皿が痛いって泣いてるよ。投げないでね」と、ダラダラと長くならないよう、短く端的に伝えます。

 

また、言葉で理解することが難しい年齢でもあるので、しかるときは真剣な顔をするなど、しかる側の態度にも気を付けましたよ。

 

そのほか、息子が物を投げてしまう前に、未然に防ぐ対策も。物を投げそうな場面に出くわしたとき、まわりの物を片付けるだけでも、物を投げてしまうことが減ったように思います。同じような悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。


  • 7
  • 1
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。