食物アレルギーが気になるママも安心!離乳食の進め方

2017/10/02 12:00
赤ちゃんが生後5~6カ月ごろになると、そろそろ離乳食が始まります。食物アレルギーがこわいという理由で離乳食の開始を遅らせるママたちもいますが、自己流の食事制限はNG!食物アレルギーがあってもなくても、離乳食はいつごろからはじめるのか。時期と進め方について、今回はお伝えします。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
離乳食初期

 

赤ちゃんが生後5~6カ月ごろになると、そろそろ離乳食が始まります。食物アレルギーがこわいという理由で離乳食の開始を遅らせるママたちもいますが、自己流の食事制限はNG!食物アレルギーがあってもなくても、離乳食はいつごろからはじめるのか。時期と進め方について、今回はお伝えします。

 

離乳食は生後5~6カ月ごろを目安に開始を

食物アレルギーが気になるからといって、離乳食をはじめる時期を遅らせる必要はありません。また、離乳食の開始時期を遅らせることが、食物アレルギーの発症を予防することにつながるわけではないといわれています。

 

赤ちゃんに食物アレルギーがあってもなくても、離乳食は生後5~6カ月を目安に、様子を見ながら、ゆっくりとはじめましょう。

 

 

スプーン1さじから、あせらず進める

これまで母乳やミルクを飲むことに慣れていた赤ちゃんにとって、口から食べ物を「食べる」ことは初めての体験です。離乳食をはじめる最初の1カ月ぐらいは、口から食べ物を出したりスプーンをいやがることもありますが、あせることはありません。

 

まずはスプーン1さじからゆっくり進め、「エネルギー源」「ビタミン、ミネラル源」に食べることに慣れてきてから、「たんぱく質源」が含まれているものへと進めましょう。

 

 


まずは、10倍つぶしがゆから開始

はじめは、「エネルギー源」となる10倍がゆをすりつぶしたものから開始。それが慣れたら、「ビタミン、ミネラル源」となる、かぼちゃのような野菜をつぶしたものを追加。

 

おかゆと野菜の味に慣れてきたら、「たんぱく質源」となる、つぶした豆腐や白身魚、しらす干しなどを試してみましょう。やわらかさは、ポタージュスープぐらいのトロトロとした状態のものからスタート。慣れてきたら、もう少し水分を減らしていきます。

 


離乳食を食べる時間を日中にすることで、何かあってもすぐに病院を受診することができます。とくに初めての食べ物を食べさせるときは、赤ちゃんの体調のいいときに、ごく少量からはじめましょう。

 

※参考文献・資料
 厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」
「食物アレルギー診療ガイドライン2016」(協和企画)
「食物アレルギーの栄養指導」(医歯薬出版株式会社)
「図解食物アレルギーの悩みを解消する!最新治療と正しい知識」(日東書院)
「食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食」(主婦の友社)

 


著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。

 


  • 1
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。