知っておきたい夏にかかりやすい病気

2017/07/27 18:00
今回は、夏にかかりやすい子どもの病気を紹介いたしますね。夏にかかりやすい病気と言えば、溶連菌感染症(A群溶結性連鎖球菌感染症)・手足口病・プール熱・ヘルパンギーナなど。これらは保育園などで出席停止になることの多い感染症としてあげられています。それぞれの特徴を順に紹介していきます。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病気・ケガ
病院
感染症

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。暑くて楽しい夏がやってきますね。旅行に出かけたり、水遊びをしたり……と開放的な気持ちになる一方、夏だからこそ気を付けたい病気もあります。 

 

今回は、夏にかかりやすい子どもの病気を紹介いたしますね。夏にかかりやすい病気と言えば、溶連菌感染症(A群溶結性連鎖球菌感染症)・手足口病・プール熱・ヘルパンギーナなど。これらは保育園などで出席停止になることの多い感染症としてあげられています。それぞれの特徴を順に紹介していきます。

 

1、溶連菌感染症(A群溶結性連鎖球菌感染症)

溶連菌感染症(A群溶結性連鎖球菌感染症)は、急な発熱(38度以上)やのどの痛みなど、風邪の初期症状によく似た症状が見られ、次第にのどの痛みが強くなり、唾を飲むことも痛がるようになります。のどの奥に小さなプツプツができ、舌が赤くイチゴのようにブツブツになるのが特徴のひとつです。のどだけでなく全身に発疹がでることも。

 

治療法:小児科で抗生剤を処方してもらいます。服用する期間が6~10日と長く、服用し始めて1~2日で症状は落ち着いてきますが、ここで服用を中断してしまうとリンパ節炎、急性腎炎、リウマチ熱などと合併する危険があるので、医師の指示通りにしっかりと飲み切ることが大切です。感染経路は飛沫感染ですので、くしゃみや咳から感染します 一度かかると繰り返しかかることも多い病気です。

 

2、手足口病

手足口病は、名前の通り、手、足、口に水疱ができる病気です。水疱は痛がゆい場合があり、口の中の水疱が破裂してしまうと痛みから食事や飲み物をとることがつらくなってしまいます。熱や下痢、嘔吐などの症状がみられることも。

 

治療法:手足口病に特化した薬がなく、自然に治るのを待ちます。口の中が痛くて水分や食事がとれない場合は表面麻酔で痛み止めの処置をする場合もあります。感染経路はおもに飛沫感染と経口感染。咳などを吸い込んだ場合や、便や尿に触れた手指、タオルなどからも感染します。そのため、おむつ替えの際には必ず手を洗いましょう。

 


3、プール熱

プール熱は、急な発熱(38度以上)、のどの腫れ痛み、目やに、充血など結膜炎の症状が出ます。プールで感染することが多いことから「プール熱」といわれているので、プールのあとは必ずシャワーで全身、目などを洗い、予防しましょう。また、プール以外で飛沫感染することもあります。

 

治療法:小児科または眼科を受診します。熱やのどの腫れの症状がひどい場合は小児科、結膜炎の症状は眼科をおすすめします。ただ、プール熱に特化した薬はないので、熱、痛みの場合は解熱剤、結膜炎の場合は目薬などと症状を緩和する処方が主になります。

 

4、ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナも急な高熱(39度以上)と口の中に水疱ができます。口の中の痛みで食事や飲み物をとることがつらいことがあります。原因となるウイルスの数が多いため、何度もかかってしまうことも。

 

〇治療法:小児科を受診します。 ヘルパンギーナに特化した薬はないので、解熱剤を服用し、経過を観察しながら回復を待ちます。 

 

 

これらの病気は、出席停止ののちに保育園などに登園する際、医師の許可が必要となりますので、再度病院に連れて行ってくださいね。また、体調が悪かったり口の中が痛かったりで水分補給も難しいとは思いますが、夏は汗もかきますのでこまめに水分補給を行いましょう。

 

 

予防として、規則正しい生活リズムで免疫力を落とさないように心がけ、外から帰ってきたら手洗い、うがい、水分補給を忘れないようにしましょうね。 お盆時期は病院もお休みになるところが多いので、各自治体の休日・夜間診療所を調べておくといいでしょう。また、お出かけ先で、いざというときにあわてないためにも保険証と医療証を持って出かけることをおすすめいたします。

 


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。