【体験談】お産の1時間前までトイレ!出産時の気になるうんちについて

2017/08/18 10:00
1人目は陣痛と便意を混同し、ギリギリまでトイレにこもりましたが、出産時にうんちは出ませんでした。2人目のときは、便意のような痛みが陣痛だと分かっているので、流れのまま挑みましたが、出産時に少し出てしまいました。出産時の「うんち事情」。意外となるようになります。よくあることだそうなので、出てしまっても気にしなくて大丈夫!どうしても気になるときは、事前に助産師さんなどに確認しておくと気が楽になりますよ。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

 

浣腸はするの?出産時に出ちゃうって本当?など、いざお産を迎える妊婦さんにとって、気になることのひとつに「うんち事情」があると思います。今日は、人にはちょっと聞きにくい、そんなおシモの体験談をお伝えします!

 

初めての陣痛は便意と同じ感覚!?

1人目の出産時のこと。私が感じた「陣痛」は、完全に「便意」そのものでした。便秘だったこともあって、陣痛の波が来るたびに何度もトイレへ行きました。

 

「あれ、これって本当に便意?」と思ったときには1時間ほど経過していたと思います。そのことに気付かないほど、感覚が便意と酷似していたのです。そして、トイレに行くたびに、少量ずつでがありますがうんちもちゃんと出ていたので、なおさら気付きにくかったように思います。

 

お産の1時間前までトイレにこもる

病院に到着したとき、すでに子宮口は8cmまで開いていましたが、「うんちが出る!」という気持ちで、ここでもトイレに行っていました。今思えば、完全にいきみたかっただけだと思いますが、初めての出産なので気付くことができません。しまいには、助産師さんからトイレから出てくるよう軽く怒られる始末です。

 

そして、そのまま分娩台へ。助産師さんに声をかけられる直前まで、少量ずつトイレでうんちが出ていたからか、出産時にはうんちが出ることなく出産しました。


吹っ切れた?2人目のときは流れのままに!

2人目の出産時は、「この便意がお産の始まりだ!」と知っていたので、冷静に対応できました。病院到着後、子宮口がほぼ全開だったため、そのまま分娩台へ。このとき、便意は感じていなかったにもかかわらず、何度かいきむうちにちょっと出てしまいました。出てしまったうんちは、助産師さんがしっかり回収してくれていましたよ。

 

また余談ですが、私はうんちだけでなく尿も細いチューブで出してもらいました。個人的には、うんちよりも尿のほうが恥ずかしかったことを覚えています。

 

 

出産時の「うんち事情」。意外となるようになります。よくあることだそうなので、出てしまっても気にしなくて大丈夫!どうしても気になるときは、事前に助産師さんなどに確認しておくと気が楽になりますよ。(TEXT:ママライター小林夏希)


  • 1
  • 0
  • 1
  • 6

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。