【体験談】産後の肥立ちって本当に重要!産後6カ月でダウンするママたち

2017/09/11 12:00
3
第一子のときは丸々1カ月間、第二子のときはほぼ1カ月間、産後に休むことができましたが、第三子のときは退院後すぐにふだんの生活に戻りました。疲れはあるものの、大きな不調はなく、毎日生活していましたが、産後6カ月になったころ、急な高熱でダウンしてしまいました。同じような経験をしたママ友も多く、産後の肥立ちの重要性を感じました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
産後の悩み

 

24時間フル稼働の育児に疲れたこともあり、第一子のときも第二子のときも産後はしばらくだるさが続いていました。ところが、産後にほとんど休めなかった第三子のときはまた様子が違っていました。産後の肥立ちの重要性を実感した、私の体験談を紹介します。

 

産後6カ月で急にダウン

第三子出産後、6カ月が経過したころのことです。少し前まで子どもたちが鼻風邪をひいていて、頻繁に通院していたこともあり、私の疲労は心身ともにかなり蓄積していました。

 

その日は、次男の水ぼうそうの診断のために小児科に行っていたのですが、帰宅後、子どもたちと入浴していると、急に寒気を感じ、震えが止まらなくなってしまったのです。

 

つらくて涙しながらの家事・育児

お風呂からあがり、フラつきながらなんとか着替え、熱を測ると40℃超えの高熱でした。夫は出張中で翌々日まで帰宅しません。「病院に行きたいけれど、水ぼうそうの次男は今病院に連れて行けないし、どうしよう……」と、ぼーっとする頭でいろいろと考えました。

 

水ぼうそうの次男を抱え、休みたいのに休むことができず、つらくて涙しながら、子どもたちの対応をしたことを覚えています。


ママ友で同じような経験をした人も

幸いなことに、高熱は一晩で平熱に戻りました。その話をママ友にすると、偶然かもしれませんが、私と同じく産後半年ごろ、心身に不調をきたしてしまった人が多いようでした。そしてそれは、私と同じように、産後十分に養生することができなかったママたちばかりでした。

 

ママによって症状もさまざまでしたが、不調をきたすタイミングが産後半年ごろに集中していたので驚きました。

 

 

産後の肥立ちの重要性はわかっていても、休めない人が多いのかもしれません。細切れでも横になる時間を確保するなど、できるだけ休息をとるように心がける大切さを実感しました。(TEXT:ママライター東慶子)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。