第3子の妊娠判明でうれしい反面、不安を感じてしまった【ママの体験談】

2018/07/30 22:00
15
この記事では、第3子の妊娠判明でうれしい反面、不安を感じてしまったというママの体験談を紹介しています。上の子たちの成長と出会う機会が増え、出産に向けて、よりいっそう育児を楽しむ気持ちになっているそうです。

 

筆者は3歳の長男、1歳の長女の育児中、第3子の妊娠判明でうれしい反面、さまざまな不安を感じました。出産が近付くにつれ、不安やイライラが募ることがありましたが、それを吹き飛ばしてくれるようなできごとがあったんです。

 

第3子の妊娠

長女が生後8カ月になったころ、第3子の妊娠が判明しました。「子どもは3人ほしい」という希望があったので、とてもうれしいできごとでしたが、ちょっとした心配もありました。

 

当時3歳直前の長男は、イヤイヤ期の真っただ中で、自分を見てほしいとアピールする日々。そして長女は、ハイハイとつかまり立ちをマスターし、目が離せない状況だったのです。

 

長男、長女と妊娠生活

3人目の妊娠ということもあり、ある程度気持ちに余裕を持って妊娠生活をスタートさせた私でしたが、おなかのふくらみとともに、子どもたちとの関わり方に変化を感じるようになりました。

 

子どもの要望にうまく答えられず、ダダをこねる子どもに対して、必要以上にイライラしたり、些細な家族からの指摘に対して大きな不安を感じてしまったり。そんなことが増え、気持ちの余裕がどこかへ行ってしまうことが増えていきました。


出産までのカウントダウンと子どもたちの成長

産休に入ったころ、ふと子どもたちの様子を見ていると、長男の後ろから長女がおむつを持って走ってきました。長女が私のところまで来て長男を指さし、おむつを渡してきたのです。私が「おむつを替えるの?」と聞くと、長女は首を縦に振りました。そんな些細なできごとでしたが、子どもの成長に感激し、私は涙してしまいました。

 

それからというもの、私は積極的に子どもたちの成長を見つけられるようになり、出産への気持ちも前向きになっていきました。

 

 

さまざまな葛藤のなかで、新しい命の誕生まであとわずかとなったとき、こうした上の子たちの成長と出会う機会が増え、そのことをとてもうれしく感じられるようになりました。出産に向けて、よりいっそう育児を楽しむ気持ちになれたできごとでした。


著者:簗田智花

4歳の長男、2歳の長女、0歳の次男との育児ライフを楽しむ34歳の母。現在は、仕事と家事、育児に奮闘中。ドライブ、スポーツ、スポーツ観戦が趣味のアクティブママ。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。