縫うときのほうが痛い!?冷や汗でわが子と対面した「会陰切開」体験談

2017/09/10 10:00
出産を目前に控えると、とくに初産であればなおさら不安に感じる方も多い「会陰切開」。筆者はお産に時間がかかり、赤ちゃんの負担になりそうとのことで会陰切開をしました。局部麻酔とともに音を立てて切開しましたが、痛みはほぼなし。むしろ、出産直後に切った傷を縫うときのほうが痛かったので、わが子とは冷や汗をかきながらの対面となりました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
会陰切開

 

雑誌などの出産体験談では、必ずと言っていいほど語られる「会陰切開」。出産を目前に控えると、とくに初産であればなおさら不安に感じる方も多いと思います。ここでは、私が経験した会陰切開時の流れと感じたことなどを具体的にお伝えします。

 

最後のひと押しが足りず会陰切開

初めてのお産のとき、私はお産の進行が早かったようで、病院に着いて「あと30分くらいで出産だろう」と言われ、入院しました。ところが、分娩台の上で1時間陣痛に耐えてもまだ生まれない……。私の呼吸法も悪かったのか、赤ちゃんが酸素不足で危険とのことで、会陰切開をすることになったのです。

 

雑誌などで会陰切開の体験談を読んで、「痛そう!」「正直切りたくないな……」と思っていたのですが、赤ちゃんのためならと気持ちを切り替えました。

 

 

リアルな音のみ!痛みは感じず

そして、「麻酔をします」のひと言とともに、局所麻酔のチクッとした軽い痛みのあと、「ジャキッ」となんともリアルな音が……。

 

麻酔のおかげか、陣痛の痛みのほうが強かったからかわかりませんが、切開したときの痛みはありませんでした。そして、この会陰切開のおかげですぐに出産に至りました。生まれてきた赤ちゃんは、3,450gと大きめだったので、「大変だったね~」と助産師さんに言われたことを覚えています。


産後の感動とともに縫合の痛みに耐える!

私の産後のイメージは、「やっと会えたわが子との感動の対面!」というキラキラしたものだったのですが、実際はわが子の顔を見られると同時に、切開した会陰の縫合も始まりました。

 

切れ方や先生のスキルなど、いろいろな要因があると思いますが、縫っている時間も意外と長く、ジワリと冷や汗が出たことを覚えています。個人的には、麻酔をしたときや会陰切開したときよりも、縫合してもらっているときのほうが痛かったように思います。

 

 

会陰切開がこわいと感じるのは一般的な感覚だと思います。でも、それは切開の瞬間と産後の数分だけのがまん!何よりも「やっとわが子に会える!」と思えば、大きな負担にはなりませんでしたよ。これから出産を控えているという方は、できるだけリラックスして臨めるといいですね。(TEXT:ママライター小林夏希)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。