【体験談】タイミングが難しい産後の性生活。話し合いが大切だった

2017/10/02 23:00
7
セックスは夫婦の大切なコミュニケーションのひとつです。しかし、夫がセックスを望んでこないからとそのままにしていると本当にセックスレスになってしまう危険もあります。産後はとくに性生活のみならず、子育てや家事など夫婦できちんと話し合い、お互いを尊重することがとても大切だと思いました。

 

産後、セックスレスになってしまったというご家庭も多いと聞きます。わが家でも、1人目出産後は3カ月以上も性生活がありませんでした。そんなある日、「このままでいいのだろうか?」と思い立ち、夫に産後セックスレスの話題を振ってみました。

 

そこで返ってきた夫の思いがけない言葉に、もっと早く話し合っていればよかったと感じた当時のエピソードをご紹介します。

 

夫にはわからない産後の妻の体調

夫に関わらず男性は、産後、女性の体がどのように回復していくのか、よくわからないものだと思います。わが家の夫も同様で、産後の女性の体がどのくらいで回復し、性生活をしても大丈夫な状態になるのかわからなかったというのが本音だったようです。

 

妻の体を気遣ってくれる夫ほど、妊娠前のようにかんたんには性生活を始められないのかもしれません。

 

初めての出産・子育てでその気になれない

女性にとって出産だけでも大仕事ですが、その後は慣れない育児が続き、疲れ果ててしまう方も多いと思います。私も初めての出産後は、子どもの夜泣きや頻回授乳、抱っこでないと寝てくれないなど、寝不足の日々が続きました。

 

そのため、寝られるときには寝ておきたいというのが本音。夫のことまで気遣ってあげられない状態でした。産後は疲れだけではなく、ホルモンの変化で性生活をする気になれないことも多いようです。


夫婦の話し合いの時間を大切に

夫いわく、「性生活を再開したくても育児は忙しそうで疲れているし、産後の体の回復についてもわからなかった」と言っていました。夫は私のことを気遣ってくれていたのに、私は育児に必死で、夫のことを考える余裕がありませんでした。

 

忙しくてももう少し夫のことも気遣い、夫婦関係のみならず、育児や家事など、何ごとに対しても話し合いをするということの大切さをあらためて感じました。

 

 

産後のセックスレスは、放っておくと本当にそのままセックスレスになってしまうことも多いようです。産後、余裕がないときはそのことを夫に伝える、夫の気持ちにも向き合うといったお互いへの気遣いがとても大切だと感じた時期でした。(TEXT:ママライター前田奈々)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。