【現役パパの体験談】まさか産後ブルー!?産後パパの心の変化

2017/09/14 23:00
0
妻の出産前までは、育児に協力しようと意気込んでいた私。リラックスできる空間だったわが家が、出産後は息子の泣き声と妻のため息に包まれ、居心地が悪くなっていました。そして、仕事場にこもったり、休日の家族サービスをないがしろにしたりと、思っていたパパ像とは反対の私が…。今思い返すといい父親を演じようとしていたことが原因で、産後ブルーになっていたのではないかと思います。

 

妻の第一子出産後、幸せなはずの私の心はなぜかもやもや。はっきりとしない焦燥感に追いやられて、気持ちが疲弊していました。日常に現れるさまざまな変化、今思えばそれこそが「産後ブルー」だったのかもしれません。今回は私の実体験を通じて、産後のパパの心の変化をお伝えします。

 

家に帰りたくないと思ってしまう

出産前、私にとってわが家こそがいちばんリラックスできる空間でした。ところが妻の出産後、息子の泣き声と妻のため息に包まれるわが家に、居心地が悪くなってしまいました。

 

出産前はとくに何も感じなかった出勤に対し、いやな空間から離れられるような安堵を感じていました。この安堵は家へ帰りたくないという気持ちへと繋がっていました。冷静に思い返すことのできる今となっては、まさに産後ブルーの症状だったと言えます。

 

家以外での社交の場を求めてしまう

自宅では育児に追われ、常に苛立ちを隠せない妻と、言葉を理解できない子ども……。そんな環境から夫婦の会話も、余計な波風を立たせないよう、最低限なものに変わっていきました。

 

夫婦の会話が減ったことが原因となって、私は大人との社交を求めてしまうようになっていました。休みの日には友人や同僚との食事を設定したり、自然と育児から逃げるようになっていました。育児に関わろうとすればするほど苦しんでいく産後ブルーの典型でした。


食生活が乱れてしまう

パパの産後ブルーの症状として、私の場合、最も大きく現れたのが食生活でした。出産前までは食事にこだわっていた妻も、息子の離乳食づくりなどに追われ、次第に食事の用意にかける時間が少なくなっていきました。

 

朝は米食からパン食へ、昼食は手作り弁当からコンビニ弁当へ、夕食も買って帰ることが多くなり、栄養バランスを考えずに好きな食事だけを摂る生活を続けた結果、体重は増加。朝起きる元気も次第になくなっていき、寝て過ごすことも多くなりました。食を怠ってしまうことで、気持ちの陰鬱へとつながっていたようです。

 

 

パパの産後ブルーは、本人が気付きにくいという特徴があります。私も育児を1年半以上続け、余裕が出てきた今だからこそ、過去を思い返して産後ブルーに気付く程度です。いい父親を演じようと、気を張り過ぎていたことが原因ではないかと考えています。みなさんの家のパパはどうでしょうか?(TEXT:パパライター玉谷健二)


  • 一番苦しんでるママさんを放置したうえ産後ブルーとか正当化してるだけですやん・・・奥さんが一番可哀そう

    2017/09/15 16:44
  • 奧さんかわいそう。
    そんなパパを見てどう感じてたんだろう。助けてほしかっただろうな。

    2017/09/15 19:32
  • 逃げてもいい!逃げながらでも、妻と子を見て
    悩みながら、何か見つけると思う。奥さんは育児でつかれてる、あたりまえよ。子育ては疲れることにいしきをもっていくと、とてもつらいよ。心しだいよ。いまは、ふたりで向く方向は、こども です。
    じぶんではない。そうしてると、互いの姿が目にはいり、理解しあえる。いつかいましたいこと、できる日が必ずやってきます。くたくたになりながら、がんばれ です。

    2017/09/16 11:54
  • 出産前までは食事にこだわっていた妻も、息子の離乳食づくりなどに追われ、次第に食事の用意にかける時間が少なくなっていきました。←作って貰っといてその言いぐさはない。
    同じ男性として恥ずかしい。
    パパライターとはパパとして育児に参加した人が名乗るべき。
    妻が産後や病気の時には自分の世話ぐらいは自分で出来る事が人間として当たり前じゃね?

    2017/09/16 19:38
  • うわぁ…
    奥さん可哀想…
    自分は出掛けたりして、逃げられて良いね?
    体重増加したとか言うなら、ご飯くらい自分で作りーや。
    育児は無理でも、家事とか手伝えたでしょ。
    その間奥さんは何を思いながら育児してたか…
    私なら絶対許さないわ。

    2017/10/16 19:50
  • この文章だけ読むと、奥さんがとってもかわいそうだし、子どものために育児も仕事も頑張りすぎて本当の産後ブルーだったパパに対しても、ちょっと失礼なのでは?と感じてしまう。

    2017/10/22 10:14
  • 嫁が育児忙しいからってご飯作ってくれなくなりました、だから好きな物食べて太って朝も起きるのしんどくなりました。
    は??嫁のせいかよ。
    いいねー、育児から逃げられて。毎週友達と会ってごはん食べられて。
    この人甘ったれてるだけでしょ?
    この記事読んで「あ、俺も産後ブルーだわ」なんて軽く言い出す奴が増えませんように。
    本当に産後ブルーになったパパさんに失礼。

    2017/10/22 11:22
  • このコメントは削除されました。

    2017/10/22 20:45
  • このコメントは削除されました。

    2017/11/12 17:52
  • このコメントは削除されました。

    2017/11/12 17:52
  • ほんと、最低。
    10ヶ月24時間体調不良で闘ってきて
    命かけて産んでくれた嫁の苦労とは比べものにならないくせに。
    そういう男は結婚しないで一生ママといればいいんだよ。
    なに?パタニティブルーとか言葉作っちゃってんの?

    2017/11/20 09:37
  • こんな夫をもたなくて良かった!心からそう思う記事。世の中のパパさん、こんな考えをする、自分を正当化して記事にしてしまうパパにならないよう願います。自分に甘すぎるんだよ、あなたは結婚して子供持たないほうが良かったと思います。奥さんが可哀想です。

    2018/04/01 03:17
  • 表現のしかたの問題なんだろうけど、ママから見たらすごく批判される内容な気がします。
    頑張って仕事をしてやっと帰ってきたら子どもが泣いてて妻はぐったり、自分を構ってくれない。なんだか憂鬱になる気持ちはわからないでもないけど、あなたの仕事のように終わることも決まった休憩もなく子育てという仕事をしている妻に対しての配慮もしてあげてほしいです。

    ただ話を聞いてくれるだけでいいんです。何か大変なことをしてほしいわけじゃない。ただ、話に耳を傾けて「大変だったね」「ありがとう」「がんばってるね」その一言と話を聞いてくれるだけでどんなに救われるか、頑張れるか。
    赤ちゃんはかわいいけど、ママだって「ママ」である前に一人の女性なんです。家から逃げたくて休みの度に友達と出掛けられるあなたがきっと羨ましかったと思います。ママは家から逃げたり、旦那さんの理解なしで自分の時間を持つことなんてできないんですから。

    2018/04/03 11:26
  • 皆様のコメント読みました。全くその通りです。どの意見にも共感です。男性である、パパの気持ちも分かります。ですが、子供は、2人の子供ですよね? 我が子ですよね? 初めての子なら、ママもまだ新米ママ、 2人目以降のベタランママでも、効率よく出来るようになったり、少し余裕が出てきても、それでも育児は大変なのに、全てが初めての経験、体験なら、ママは疲れや疲労が溜まって当たり前ではありませんか? 育児に参加出来ないなら、家事を手伝うなどの配慮もないのですか? ママを助けるという事は、子供を助けているのと同じです。考えてみて下さい。自分は、理由を付け正当化し、家が居心地が悪いからと言って、お休みはお友達などと、外でお食事。お食事と言うと聞こえはいいですが、遊びです。 ただの言い訳です。 妻が、育児や家事をやって当たり前、と言う考えはやめた方がいいです。 食事に文句を付けて、尚且つ自分では動かない、タチが悪いですし、理解力もないですね。 愛する我が子の為、愛する妻の為、自分が出来る事を探したり、何かしようと思えないのですか? 育児はあなたの想像以上に大変です。1日中、家事もしながら子供を面倒見て、ママには外で自由な事をして貰う、自分で体験すれば、少しはママの気持ちも分かり、ママに思いやりが持てるのでは?

    2018/05/15 03:05
  • 何がパタニティブルーだよ

    2018/06/10 02:16
  • 何度この記事を読んでもイラッとする。
    どれだけ自分を正当化するんや…

    2018/08/01 20:13

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。