先輩ママが伝授!はじめての子育てで心得ておきたいポイント3つ

2017/10/20 11:00
4
子育てはマニュアル通りにいかないことを実感しています。赤ちゃんは生身の人間であり、一人ひとり成長が違って当たり前です。個性を大事にしてあげることも必要だと思いました。完璧な子育てを目指そうとするほどうまくいかないもの。ある程度、手を抜くことも子育てのポイントだと思いました。悩みはひとりで抱え込まないことも大切です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談

 

子育てはひと筋縄ではいきませんよね。さまざまな壁に直面しては悩み、試行錯誤をしながら乗り切っていくものだと思います。私はママ歴6年ですが、子育てを経験して気付いたことがあります。今回は、はじめて子育てを経験するママにお伝えしたい心得3つを紹介します。

 

子育てはマニュアル通りにならない

私の場合、とくにはじめての子育ては育児本が頼りでした。おしっこの回数は?寝返りはいつから?など、気になることがあるたび育児本を開いたものです。とくに気になったのが発達の目安。育児本に書かれていることとわが子を比べていました。

 

しかし、結局はマニュアル通りにいかないことを実感しています。赤ちゃんは生身の人間であり、一人ひとり成長が違って当たり前ですよね。個性を大事にしてあげることも必要だと感じています。

 

がんばりすぎない

完璧な子育てを目指そうとするほど、うまくいかないもの。私は子育てに一生懸命になりすぎた結果、産後うつを発症してしまいました。体調も優れない日々を送り、まわりの協力なしでは子育てができない状況に……。

 

生真面目で一生懸命なママほど要注意です。ある程度、手を抜くことも子育てのポイントだと学びました。少しくらいズボラでいることも賢い子育てだったのです。


ひとりで抱え込まない

母乳育児が軌道に乗り始める産後3カ月ごろまで「母乳量」が気がかりでした。まわりのママより母乳の出が悪いのかも……。つい人と比べてしまい、ひとりで悶々と悩んだものです。そして赤ちゃんのお世話に慣れない時期でもあり、このやり方で合ってるのかなど、不安要素もたくさんありました。

 

こうした悩みはひとりで抱え込まないことが大切。育児相談などを利用して不安を解消していくことも子育てのポイントだと気付きました。

 

 

はじめての子育ては悩んで当たり前だと思います。ただ前述したとおり「がんばりすぎない」ことを忘れたくないですね。いずれ子育てに慣れ、自信がつく日がやってきます。積極的に気分転換をしながら子育てをしていきましょうね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。