「お股はどうやって洗えばいい?」気になる女の子のお肌ケアQ&A

2017/10/26 22:00
10
「清潔」と「保湿」、「紫外線対策」はきれいなお肌を保つためには欠かせません。赤ちゃんのお肌はデリケートなので、常に保湿を心がける必要がありますね。お風呂ではママの指でお股の割れ目を少しだけ開きながら、片方の指でなでるように泡でやさしく洗うのがポイント。女の子のうんちのときのふき方は「前(外陰部)から後ろ(肛門)」が基本になります。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
保湿
体験談

 

初めての女の子のお世話。「お股はどうやって洗えばいい?」「うんちをしたあとのふき方は?」など、お世話で気になることはたくさんありますよね。女の子を育児中の筆者は「お肌のきれいな子に育てたい!」と思うことも。今回は、気になる女の子のお肌ケアQ&Aをお伝えします。

 

お肌のきれいな子に育てるには?

筆者が育児を通して改めて痛感していること。それは「清潔」と「保湿」、「紫外線対策」がきれいなお肌を保つためには欠かせないということです。とくに赤ちゃんのお肌はデリケートなので、常に保湿を心がける必要があると感じています。

 

また、1日1回はよく泡立てた洗浄料で汚れをきれいに落とし、季節に適した保湿剤を塗ることがポイント。お出かけ時には帽子をかぶるなど、紫外線対策も怠りたくないですね。

 

女の子のお股はどう洗う?

助産師さんから教わった、女の子のお股の洗い方をお伝えします。まずは洗浄料をよく泡立ておきます。泡で出てくるタイプだと便利ですね。そして、ママの指でお股の割れ目を少しだけ開きながら、片方の指でなでるように泡でやさしく洗います。

 

そのあと、肛門周辺や太ももの付け根を洗っていきます。子どもが動き回って洗いにくいことも多いですが、汚れがたまる箇所なので清潔にしておきたいですね。


うんちをしたあとのふき方って?

女の子のうんちのときのふき方は「前(外陰部)から後ろ(肛門)」が基本になります。女の子は肛門と外陰部の距離が近いため、とくに気を付けたいですね。男の子に比べると、ちょっと神経を使います。

 

また、太ももの付け根についた汚れもふきとりましょう。最後に腰を軽く浮かせておしりに残った汚れをふきとります。デリケートな部位なので、「やさしくふくこと」も忘れずにいたいですね。

 

 

赤ちゃんのお肌のケアは、教わらないと分からないことがたくさんありました。自分のやり方で合っているのか不安に感じたときは、よく小児科などで相談をしたものです。悩みを解決していくうちに、育児の自信にもつながっていったと感じています。女の子を育児中の方はぜひ参考にしてくださいね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • うわぁ…
    女の子って面倒クサイね…⤵️⤵️⤵️

    アタシ女の子持たなくてよかった‼️

    2018/09/23 21:16
  • うわぁ…
    女の子って面倒クサイね…⤵️⤵️⤵️

    アタシ女の子持たなくてよかった‼️

    2018/09/23 21:16

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。