【不妊治療体験談⑥】人工授精で初めての妊娠反応!その後の経過は・・・

2017/10/24 07:00
タイミング法で妊娠できなかった私は、人工授精にステップアップしました。人工授精の翌日にタイミングも取り、なんと1回目の人工授精で妊娠反応が!ステップアップしてよかったと心から思いました。ところが、妊娠経過は順調ではなく、胎児心拍が確認できずに初期流産となりました。流産を経験したことは悲しいできごとでしたが、妊娠できる体だと知ることができ、私のなかでは大きな一歩だったと感じています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活
妊娠
病院

 

タイミング法を3周期おこないましたが、なかなか妊娠しません。ちょうど年末だったこともあり、夫婦で話し合い、新しい年から人工授精にステップアップすることにしました。その結果、初めて妊娠反応を見ることができたのです!今回は、その後の経過についてお伝えしたいと思います。

 

私がおこなった人工授精

私が通っていた病院では、採取された精液をそのまま子宮内に注入するのではなく、受精能力の高い精子をいろいろな方法で選別、調整して子宮内に注入するという方法が用いられていました。精子の注入は医師の手でおこないますが、それ以降の排卵、受精、着床は自然妊娠に近い形になります。


また、病院からは人工授精当日、若しくは翌日にタイミングを取るように指導されました。タイミングを取る意味を確認したところ、人工授精かタイミングで妊娠したかをあいまいにするためにそう指導しているとのことでした。

 

 

1回目の人工授精で妊娠反応

運よく、1回目の人工授精のあとに妊娠反応が出ました。このときは本当にうれしくて、早々に人工授精にステップアップしてよかったと心から思いました。


しかし、妊娠4週0日にあたる判定日の妊娠反応が少し弱めでした。主治医からは「この時期だと、血中hCGが30はほしいけれど20しかない。妊娠継続の可能性は30%ぐらい」と診断されてしまいました。
 

うれしかった気持ちは一気に急降下し、不安に襲われながらも「30%の確率に入りますように」と祈るような気持ちで過ごしました。


その後の妊娠経過は……

祈るような日々を過ごし、なんとか妊娠5週目に小さな胎嚢を確認することができました。子宮外妊娠ではないということに、とりあえずひと安心。しかしその後、大きくなるはずの胎嚢に胎芽を確認することができず、妊娠8週目で稽留流産と診断され、妊娠9週で子宮内容清掃術をおこないました。


流産という事実を突きつけられたときはショックでしたが、胎芽を確認していないこともあり、「仕方がない。次、がんばろう!」と、私の場合は自分でもビックリするぐらい早く気持ちを切り替えることができました。

 

 

初めての人工授精で初期流産という悲しみを味わいましたが、一度も妊娠したことがなかった私は、自分も妊娠できる体だと知ることができ、大きな一歩だったと感じています。「次も人工授精でがんばろう!」と前向きになることができました。(TEXT:ママライター岩田かおる)

 

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。