【生後5~6カ月】赤ちゃんとママの様子は?母乳はほしがるだけ与える?

2017/11/04 22:00
8
生後5~6カ月になると首がしっかりすわり、まわりの赤ちゃんには寝返りを始める子もいました。母乳を吸う力が強くなり、今までより授乳時間が短くなったように思います。また授乳間隔が少しずつ空いてきたことで、体の負担が軽くなりました。私は母乳育児でしたが、ほしがるだけ与えていました。1日およそ6~8回は与えていたと思います。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
発達・発育
授乳

 

生後5~6カ月。授乳のリズムがつき、離乳食が始まる時期になってきました。昼と夜の区別がつき始める赤ちゃんもいます。1日の生活リズムが整ってくるようになると、ママやパパの体の負担も軽減されますね。今回は、私の経験をもとに生後5~6カ月ごろの赤ちゃんの様子や母乳の量・タイミングについてお伝えします。

 

生後5~6カ月の赤ちゃんの様子

この時期になると、子どもの首もしっかりすわり、まわりの赤ちゃんには寝返りを始める子もいました。そして、母乳を吸う力が強くなり、今までより授乳時間が短くなったように思います。わが家の娘の場合、夜寝る前に授乳すると、朝まで眠ってくれることも増えてきました。

 

しかし、なかには1歳を過ぎても朝まで眠ってくれないケースもあります。赤ちゃんなりのペースがあることも知っておきたいですね。また、子どもの体重の増え方がゆるやかになってきたのもこの時期でした。

 

 

産後5~6カ月のママの体の様子

私の場合、授乳間隔が少しずつ空いてきたことで、体の負担が軽くなりました。いちばん助かったことが、夜まとまって眠ってくれることです。朝まで一度も起きずに寝られることがどれだけ幸せか、身を持って感じた時期でした。

 

睡眠不足だと気分が晴れず、心に余裕も生まれません。睡眠不足が解消されることで、育児に余裕が出てきました。散歩へ行くなど、積極的に気分転換も図れるようになりましたよ。


産後5~6カ月の母乳育児の様子

私は母乳育児でしたが、この時期は子どもがほしがるだけ与えていました。1日およそ6~8回は与えていたと思います。授乳間隔が空いてきたと感じるものの、回数としては生後3~4カ月のころとさほど変わりはなかったですね。

 

わが家の娘が離乳食を開始したのは生後6カ月、与えるのは午前中でした。万が一、アレルギーの症状が出たときに対処できるよう、小児科を受診できる時間帯にすると安心です。離乳食を食べ終えたあとは、母乳をほしがるだけ飲ませました。

 

 

生後5~6カ月は、そろそろ離乳食を始めようか考え始めるようになり、育児にも変化が出てくる時期です。まだまだ大変な毎日ですが、生活リズムを整えやすい時期でもあると思います。日課に散歩を取り入れるなどして、1日のリズムを整えていけるといいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。