【体験談】生活が一変!出不精な私が児童館のおかげで毎日予定だらけに

2017/11/16 18:00
児童館に行かなくても、近場の公園に行けばいいだろうと考えていた私は、児童館に行くのはなんとなく億劫だと感じていました。ただ、地元を離れての子育てだったため、きっかけがなく、なかなか友人ができません。そんなときに偶然行った児童館で、楽しいイベントがたくさんあることを知り、生活は一変。児童館によく行くようになり、ママ友も増え、アクティブに行動するようになりました。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
体験談
児童館

 

自治体が子育てのサポートのために運営している、児童館や子育て支援センター。みなさんは利用していますか?私は、赤ちゃんが0歳のころは行ってもつまらなさそう……とあまり行きませんでした。そんなとき、ママも楽しめるイベントがたくさんあることを知り、生活は一変。そんな体験談をお伝えします。

 

出かけるのがいやで出不精だった

赤ちゃんが0歳のうちは、動きがあまり活発ではないこともあって、ママ友もいない私は、児童館に遊びに行くことはほとんどありませんでした。

 

そのため、買い物か散歩以外で外に出ることはなく、ほとんど赤ちゃんと2人きりの日々を過ごしてきました。そんな赤ちゃんと2人きりの日々も悪くはありませんでしたが、心の中では「ママ友がたくさんできたらいいなぁ」とも考えていました。

 

1歳を過ぎたころに児童館へ 

赤ちゃんが1歳を過ぎたころのこと。パラバルーンや体操などのムーブメント遊びのイベントがあることを偶然知り、児童館に行ってみました。すると、楽しそうに遊ぶわが子を見ることができました。さらに、ママ交流会、ヨガ、運動、なかにはお料理教室まで、赤ちゃんも大人も楽しめるような楽しいイベントが無料で楽しめることを知りました。

 

こんなに楽しそうなイベントがあることを、もっと早く知ることができていたら、0歳のうちから参加していたのに……とちょっぴり後悔もしました。


生活が一変!ママ企画会

一部の児童館や市民センターで、現役ママがイベントの企画を立てて実行する、サークルのようなものがあることを知りました。めんどうなことがきらいな私でしたが、メンバーの方の「参加するとサークルの日が待ち遠しくなるほど楽しい」という言葉を聞き、参加を決意!

 

わが子はわが子で同年代の子と遊べるうえに、私自身もママ友が増え、まさにサークルの日が待ち遠しくなりました。ママ友ができたので、外出する機会もぐんと増え、充実した生活を送っています。

 

 

児童館はただ赤ちゃんを遊ばせるだけでなく、ママも楽しめるイベントがある場合があるので、HPなどで調べてみるといいかもしれません。単調な毎日だと感じている方はリフレッシュになるかもしれませんね。(TEXT:ママライター白岩愛実)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。