赤ちゃんにいい飲み物と与えないほうが良い飲み物とは

2017/10/15 19:00
赤ちゃんにいい飲み物と与えないほうが良い飲み物についてお伝えします。赤ちゃんにとって良い飲み物は、水(湯冷まし)や麦茶。毎日与えるものですので、シンプルなものを選ぶことが大切です。 甘いジュースなどは普段の飲み物として与えない方がいいです。すでに習慣になってしまっている赤ちゃんは、ジュースは2~3倍に薄めたものを30~50mlにするなど工夫しましょう。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
マナー・しつけ
飲み物
食育

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。生まれてから母乳やミルクで育ってきた赤ちゃん。離乳食が始まると、乳汁栄養以外でも水分をとる機会も増えてきます。赤ちゃんにどんな飲み物を与えればいいのかお話します。

 

赤ちゃんにいい飲み物と与えないほうがいい飲み物

赤ちゃんにとっていい飲み物は、水(湯冷まし)や麦茶。毎日与えるものですので、シンプルなものを選ぶことが大切です。

 

与えないほうがいい飲み物は、甘みのある飲み物、カフェインが入った飲み物などです。たとえばジュース。赤ちゃん用であっても100%果汁であっても、赤ちゃんにひんぱんに飲ませるものではありません。また、イオン水は発熱などの必要なときだけにしたほうがいいです。水や麦茶以外の飲み物は、ルールを守って与えたほうがいいですね。

 

自家製の果汁は飲ませるべき?

ママが作った果汁はどうでしょう。ごはんをしっかり食べて、まだ物足りないときは果汁を絞ったものを与えてもOKですが、毎日与える必要はありません。たまの楽しみの位置づけでOKです。

 


湯冷ましや麦茶を飲んでくれない

「うちの子、湯冷ましなどの水分を飲んでくれないんです。果汁100%ジュースはごくごく飲んでくれたから毎日飲ませています。よくないと分かりながらだけど、水分を飲まないことが心配で与えています。どうすれば水分をとってくれるようになりますか?」 という質問を受けたことがあります。

 

赤ちゃんは、のどが渇いたら甘いの飲み物があるということが分かっています。ですので、じょじょにでいいので以下のことをしてほしいと思います。

 

・湯冷ましや麦茶を飲むことを習慣にする

・ジュースは頻繁に飲ませない

・ジュースは2~3倍に薄めたものを30~50mlにする

・ごはんに汁物や煮物を取り入れる

 

私の運営する保育所でも、水分をあまり飲んでくれない子がいます。でも、汁物は大好きでゴクゴクと飲み干してくれます。毎日、湯冷ましを与えているうちに、湯冷ましも飲めるようになってきますよ。

 

赤ちゃんにとっての水分補給の考え方

赤ちゃんにはどんなタイミングで水分を与えればいいのでしょうか。活動のあとだけでなく、これから活動をするときも水分補給を行いましょう。 お風呂に入る前後なども水分補給のタイミングです。

 

食事時も水分が必要ですが、水分で食べ物を流し込んでいるときや、水分ばかりとっておなかがいっぱいになってしまうときには注意してください。

 

 

水分補給は赤ちゃんも大人も大切です。これから冬に近付いてきますが、夏と変わらず、湯冷ましや麦茶で水分補給を心がけてあげてくださいね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 


  • 1
  • 2
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。