【ママの体験談】本格的な陣痛の始まりは「あの」感覚だった!

2018/01/17 22:00
初めての出産にあたり、いちばん気になっていたのが「陣痛」でした。出産を終え、ふりかえってみたとき、「陣痛の始まりはあのときだったのか!」と理解しました。それは「便意」。入院し、就寝してから30分後、おなかを下したときのような痛みがやってきて、トイレに駆け込み、ベッドに戻るという流れを10回ほど繰り返したときに私は気付きました。「あ!これは便意ではない!」と。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

陣痛がやってきた妊婦のイメージ

 

初めての出産にあたり、いちばん気になっていたのが「陣痛」でした。出産を終え、ふりかえってみたとき、「本格的な陣痛の始まりはあのときだったのか!」と理解しました。今回は、私の初めての陣痛体験談をご紹介します。

 

これが陣痛!?とドキドキの日々

インターネットでいろいろな情報を得られても、初産であれば出産がどのように始まるのか、陣痛がどのくらい痛いものなのか、やっぱり体験してみないと分からないものですよね。私もそのひとりでした。

 

私の初めての出産時も、出産予定日が近付くにつれて、おなかが張ったり痛みがあらわれたりするたびに「これが陣痛!?」とドキドキしていました。

 

陣痛の痛みはじょじょに大きくなる

出産時、私は14時に破水してすぐに入院となりました。その後、20時にモニターを付けて、おなかの張りの間隔を計測。その結果、助産師さんに「今日は陣痛がこなさそうなので、ゆっくり寝てください」と言われ、就寝することになりました。

 

就寝してから30分後、おなかを下したときのような痛みがやってきました。トイレに駆け込み、ベッドに戻るという流れを10回ほど繰り返したとき、私は気付きました。「あ!これは便意ではない!」と。


本格的な陣痛の始まりは「便意」の感覚!

私の感じた、本格的な陣痛の始まりは「便意」だったのです。そして、あとから思い返して分かったのは、前駆陣痛と本格的な陣痛の違いです。いつもおなかが張る感覚はありましたが、陣痛のおなかの張りは、パンパンになってはじけるのではないかと思うほどでした。


また、おなかが張るときと張らないときの間隔もはっきりと分かりました。前駆陣痛のときにはがまんできた張りや痛みも、陣痛のときにはがまんできないほどの強い張りや痛みに変化していきました。

 

 

「陣痛」と聞くと、どのくらいの痛みなのか考えてしまうものですよね。実際に体験して分かった痛みも陣痛の流れも実際には人それぞれです。できるだけリラックスして気負いすぎずに出産に臨んでくださいね。(TEXT:ママライター今井さくら)

 


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 1
  • 0
  • 3
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。