【体験談】赤ちゃん返りなし!一緒に次女のお世話を楽しんだわが家の長女

2017/11/24 21:00
0
長女が1歳半のときに次女が誕生し、ミルクを手伝ってもらったことをきっかけに、赤ちゃんのお世話に興味を持った長女。こちらは二度手間になってしまうこともありましたが、長女のやる気を優先しつつ、家族みんなで赤ちゃんのお世話を楽しみました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
2人目・3人目

 

長女が1歳半のときに次女が誕生し、ミルクを手伝ってもらったことをきっかけに、赤ちゃんのお世話に興味を持った長女。せっかくかわいがってくれているので一緒に赤ちゃんのお世話を楽しんだ、わが家の子育て体験談をお伝えします。

 

1歳半でお姉ちゃんに。リアクションは!?

長女が生後8カ月のころに妊娠が判明。まだお姉さんになるという自覚を持たせるのは難しいだろうということで、お人形を使って一緒にお世話ごっこをして、なんとなく赤ちゃんってこんな感じだよという雰囲気を伝えていました。

 

そして次女が誕生。長女は、自分よりも小さい動く物体に「なんだこれは?」という顔をしていましたが、興味はあるといった雰囲気で少し安心しました。

 

長女も一緒にママごっこ!

私が次女のおむつを替えていると、長女は横に並んで人形のおむつを替えます。ときには授乳のマネもするなど、私が次女のお世話をする様子を長女もマネて遊んでいました。そんなある日、次女に母乳を哺乳瓶であげようとしていると、長女がジーっと見つめています。

 

そこで長女に「あげてくれる?」と聞くと、長女は「うん!!」と目を輝かせ、私の補助付きですが授乳を手伝ってくれました。本当のところ、二度手間のようになってしまいましたが、長女の気持ちが私にとってはうれしいことでした。


次女中心にならないように長女をフォロー

長女が赤ちゃんのお世話をしてくれることはうれしかったのですが、大人がそれに甘えて、長女をお世話する側だけにしてはいけないと感じました。そのため、主人が休みのときは長女だけ主人と公園に遊びに行ったり、長女だけ実家の両親とドライブをしたりと、長女に特別感を感じさせてあげられるように心がけました。

 

長女も気持ちに余裕ができたのか、その後も赤ちゃん返りなどはなく、一緒に次女をかわいがってくれました。

 

 

きょうだいができると、上の子は戸惑ってしまうこともあると思います。いきなり「お姉ちゃんになるからしっかりね」と言い聞かせるのではなく、楽しく新しい家族を迎えられるように工夫できるといいですね。(TEXT:ママライター深田ようこ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。