いよいよお産!立ち会わないで待つパパの心得&行動

2017/11/18 18:00
出産に立ち会わないで「待つ」場合に心がけたい、パパの心得&行動についてまとめました。「ここにいるから」など、声をかけて見送ることも大切だと感じます。妻が分娩室にはいれば、ゴールは間近です。気分でそわそわするかもしれませんが、冷静に待つのみ。出産後は「よくがんばったね」「ありがとう」など、妻にねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

 

妻のお産に立ち会う・立ち会わないは人それぞれ。出張中などで駆け付けられない場合もあるでしょう。どんな場合でも、妻子の安全を願う気持ちに変わりはありません。今回は、お産に立ち会わないで「待つ」場合に心がけたい、パパの心得&行動についてまとめました。

 

見守っていることを伝えて

妻のお産に駆け付けたいけれど間に合わない。そんなときはメールでもかまいません。心から見守っていることを妻に伝えましょう。夫の言葉は力強いものになると思います。分娩室の外で待つ場合も同様です。

 

頭をなでたり、手を握ってあげることでも気持ちは伝わりますが、やはり言葉の力は絶大。「ここにいるから」など、声をかけて見送ることも忘れないでいたいですね。言葉に迷いそうなら、セリフを最初から決めておくといいかもしれません。

 

 

とにかく無事に生まれることを待つのみ

妻が分娩室に入れば、ゴールは間近です。妻子ともに無事にお産を終えることを願うしかありません。

 

ただ、赤ちゃんが生まれるまでの所要時間には個人差があります。すぐに生まれるケースもあれば、途中から帝王切開に変更……など、何が起きるか分かりません。落ち着かない気分でそわそわするかもしれませんが、冷静に待つのみです。遠方にいる場合は、いつでも連絡がとれるようにしておきましょう。


ねぎらいの言葉がやっぱりうれしい

わが子との対面したとき、どんな気持ちになるのか。初めての出産だと、想像がつきませんよね。きっと人生で経験したことのない、感動を覚えることでしょう。そんなとき、妻にどんな言葉をかけますか?

 

「よくがんばったね」「ありがとう」など、心では思っていても、照れくさくて言いにくいこともあるかもしれません。それでも、妻にとって、夫からのねぎらいの言葉はうれしいものです。ひと言でもかまいません。ぜひ声をかけてあげてくださいね。

 

 

お産は命がけです。大仕事に立ち向かう妻の心の支えになるよう、言葉や態度で示してくれると、夫婦の絆が深まるきっかけにもつながります。お産に立ち会う・立ち会わないに関わらず、一緒に乗り越えていく気持ちをお互いに大切にしたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。