暮らし お金 保険

子どもができたら夢のマイホーム。でも「火災保険で修理できます」に注意

10
「火災保険で家の修理ができますよ!」と勧誘を受けたことはありませんか?しかし、家の修理のすべてが保険でできるわけではありません。数年前から増加傾向にある住宅修理のトラブルに巻き込まれないように、火災保険の内容と補償範囲についてご説明します。

 

台風のシーズンが終わりつつありますが、「火災保険で家の修理ができますよ!」と勧誘を受けたことはありませんか?しかし、家の修理のすべてが保険でできるわけではありません。

 

数年前から増加傾向にある住宅修理のトラブルに巻き込まれないように、火災保険の内容と補償範囲についてご説明します。

 

続きを読む

1.損害保険は偶然で急激に起きた事故や災害が支払い対象

損害保険は、火災保険や自動車保険などの“もの”に対して、偶然で急激に起こった事故や災害などで損害を受けたときに支払われる保険のことです。そのため、火災保険で家の修理ができるのは、急激に起こった火災や自然災害などに対して損害を受けた場合です。

 

老朽化や経年劣化で修理が必要になったとしても、偶然で急激な災害ではないため、原則火災保険の対象とはなりません。修理業者によっては、「古くて傷んだところも台風のせいにして、保険金を請求しましょう」という事例もあるようですが、実際の理由と異なる理由で保険金を請求すると、保険金詐欺に該当する可能性もありますので、絶対にウソの理由で保険を請求することがないようにしましょう。

 

保険金の手続きや支払いをするのは修理業者ではなく保険会社ですので、修理をする前に保険会社に損害の状況や保険の請求ができるかどうかを確認するようにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。