【初めての育児】スムーズな母乳育児をおこなうために心がけたいこと

2017/12/02 12:00
「おっぱい足りてないのでは?」まわりの何気ない言葉でストレスを感じたものです。母乳の分泌が悪くなり、影響を与えてしまうことを実感しました。食事からとる水分も含めて1日あたり約2ℓの水分が必要だともいわれています。意識的に水分をとることが大切だと思いました。体が冷え、血液の循環が悪くなると母乳にも影響を与えてしまいます。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
冷え性
体験談
授乳
母乳不足
母乳

 

筆者は育児中に強いストレスを受け、母乳が出づらくなった経験があります。今回はスムーズな母乳育児をおこなうために心がけたいことをご紹介します。

 

なるべくストレスをためない工夫を

初めての育児は、思うようにいかなくてストレスや不安を抱えて当然のことだと思います。筆者は「おっぱい足りてないんじゃ?」など、まわりの何気ない言葉ひとつでもストレスを感じたものです。

 

母乳の分泌が悪くなるなど、影響を与えてしまうことを実感しました。ストレスをゼロにすることは難しいですが、好きな本を読む、散歩へ出かけるなど、少しでもストレスをためこまない工夫が大切だと感じます。

 

意識的に水分をとること

母乳を出すには水分も必要です。最近便秘がち……と感じる場合は水分が足りない可能性もあります。助産師さんの話によると、食事からとる水分も含めて1日あたり約2ℓの水分が必要なのだそうです。

 

意識的に水分をとることが大切だと思います。ただカフェインや糖分を多く含む飲み物は控え、温かい飲み物をこまめにとりたいですね。温かい麦茶やルイボスティー、ローズヒップティーがおすすめです。


体を冷やさない

体が冷え、血液の循環が悪くなると母乳にも影響を与えてしまいます。体を冷やさないことも、スムーズな母乳育児をおこなうために心がけたいポイントだと思います。衣類で体を冷やさないようにすることも大切です。

 

ストレッチなど、適度に体を動かすことも効果的だと思います。食事では生野菜より温野菜がおすすめです。体が温まりますし、野菜の量もたくさんとれます。また体を温めてくれる根菜類も意識的に食べたいですね。

 

 

忙しい合間、ひと息つける時間を少しでも確保してみましょう。温かい飲み物を飲みながらボーっとする時間を持つだけでも、ずいぶん気持ちが違うと思います。スムーズな母乳育児をおこなうためにもママ自身の体を労わってくださいね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 

【関連記事】

母乳が出る仕組みを知ろう!【母乳育児特集】

母乳のメリット・デメリット-母乳育児をはじめる前に【母乳育児特集】

おっぱいのかたちと授乳姿勢-母乳育児をはじめる前に【母乳育児特集】

おっぱいの大きさが左右で異なる【授乳中のトラブル】

母乳が出すぎる時の対処法【授乳中のトラブル】

おっぱいの痛みで注意すること【授乳中のトラブル】

乳首が切れた時のケア方法【授乳中のトラブル】

乳管のつまり・乳房のしこりがあった時の対処法【授乳中のトラブル】

おっぱいの大きさが左右で異なるときの対処法【授乳中のトラブル】

うっ滞性乳腺炎とは?原因と対処法について【授乳中のトラブル】

感染性乳腺炎、急性化膿性乳腺炎とは?原因と対処法について【授乳中のトラブル】

断乳と卒乳の違いとは?母乳育児の終え方について

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。