【体験談】乳房や乳首がかゆい!ブラジャーのサイズ以外に原因が?

2017/12/06 12:00
0
窮屈なブラジャーを着用していると、乳房や乳首がかゆみが……。下着屋のスタッフさんの話によるとサイズのほか、素材や乾燥などもかゆみの原因になることがあるのだそうです。断乳、卒乳後に見受けられるケースも多いとか。心配な場合は受診をすると安心ですね。乳房や乳首がかゆいときは、水で濡らしたタオルで冷やすとかゆみがやわらぎました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
産後の悩み

 

授乳期間が終わり、妊娠前に着用していたブラジャーをつけると、乳房や乳首にかゆみが……。ブラジャーのサイズが合わなくなったからだと思っていましたが、原因はそれだけではありませんでした。今回は、筆者が体験したかゆみの原因やケアなどをお伝えします。

 

乳房や乳首がかゆい……!

産後1年が過ぎ、ようやく通常の下着を着用しようと思い立ったときのこと。妊娠前に着用していたブラジャーをつけてみると、なんだかキツイ……。妊娠前に比べて太ったことを実感しました。

 

がんばってやせなくちゃと思いながらも、私は窮屈なブラジャーを着用し続けました。すると、乳房や乳首が擦れてしまったのか、かゆみが……。サイズの合わないブラジャーが乳首や乳房への刺激となっているのではないかと感じました。

 

産後、素材が合わなくなるケースも

そこで、下着屋さんで改めてバストサイズを測ってもらうことにしました。その結果、妊娠前よりもサイズが大きくなっていることが判明しました。スタッフさんの話によると、サイズのほかにも、ブラジャーの素材や肌の乾燥などもかゆみの原因になることがあるとのことでした。

 

乳房や乳首のかゆみは、断乳・卒乳後に見受けられるケースも多いのだそうです。ホルモンバランスの変化で肌が敏感になり、素材が合わなくなることも。そこで綿100%素材で肌にやさしいソフトブラを購入したところ、だんだんとかゆみが治まっていきました。


かゆみがあるときはこうして対処!

乳房や乳首にかゆみがあるときは、水で濡らしたタオルで冷やすとかゆみがやわらぎました。乾燥によるかゆみの場合は、専用の肌にやさしい保湿剤でケアするのもおすすめです。筆者は、授乳中に使用していた馬油でケアしていました。

 

また、乳房や乳首も汗をかくため、清潔に保つことも意識したいところ。ただ気を付けたいのは、乳首が赤く腫れている、針で刺されたような痛みがある、かゆみの症状が長く続く場合は、カンジタ感染の疑いもあるため、早めの受診をおすすめします。

 

 

筆者は産後に乳房や乳首のかゆみを経験しましたが、授乳中にかゆみで悩むママもいると聞きます。母乳や汗によるかぶれ、母乳パッドのむれなど、授乳中も肌トラブルがつきものです。どんなときもバストケアを忘れずにいたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。