【体験談】赤ちゃんの首が片方に傾く。これって何かの病気?

2017/12/01 23:00
発達障害を持つわが子は、おすわりのころ、首が右に傾いていました。そこで小児科を受診すると「斜視または筋性斜頚が疑われる」と診断されました。眼科を受診すると斜視ではなく、筋性斜頚の疑いとして経過観察を続けました。するとじょじょに解消され、1歳半ごろには気にならなくなったのです。筋性斜頚とははっきり診断されていないのですが、筋性斜頚は出産時の影響などで起き、自然に解消する場合が多いそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

 

わが子は発達障害を持っています。難産で生まれ、ゆっくりゆっくり成長していきました。その成長の過程でいろいろなことがありましたが、そのなかでも一時期気になっていた「首の傾き」と、その症状によって疑われた病気についてお伝えしたいと思います。

 

気になる「首の傾き」

のちに発達障害が判明したわが子は、ゆっくりではありましたが、寝返り、おすわりと順々に成長していきました。そんな成長過程で気になったことが「首の傾き」です。おすわりをすると、どうしても首が右に傾きます。「すわり始めだからかな?」と最初は不思議に思っていたのですが、しっかりと腰がすわってからも、座っているうちにだんだんと首が傾き、斜めになってしまうという状況でした。

 

首の傾きで疑われる病気

「首の傾き」が気になった私は、小児科を受診して相談することに。小児科医からは「筋性斜頚と斜視が疑われます」との診断でした。斜視について診察してもらうために眼科を受診したところ、その疑いはないとの診断でひと安心しましたが、小児科医からは「斜視でなければ、筋性斜頚かもしれない」と言われてしまいました。

 

筋性斜頚は、首がずっと片方を向いたり傾いたりする状態だといわれています。ただ、成長とともに気にならなくなっていく場合も多く、わが子の場合も、治療の必要はなく経過観察ということになりました。


1歳半ごろには気にならなくなった

小児科医によると、筋性斜頚の原因の多くは、出産時に赤ちゃんが産道を通る際、首や頭に負担がかかることで発症する場合が多く、顔が左右非対称だったり後頭部のバランスが悪かったりするとのことでした。

 

わが子の場合は、その後もはっきりと筋性斜頚だという診断はなく、3カ月に一度、小児科で診察を受けることになりました。成長するにしたがって、だんだんと体が大きくなり、筋肉もついてきたのか、首の傾きがじょじょに改善され、1歳半ごろにはまったく気にならなくなりました。

 

 

わが子は9歳になりましたが、現在も当時の症状はまったくありません。赤ちゃんの首が常に傾いている、常に片方を向いているなど、様子が気になる場合は、小児科を受診して相談してみてくださいね。(TEXT:ママライター石原みどり)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。