【体験談】同じ親でも子によって違う!?子ども4人の出産の兆候

2017/12/09 12:00
出産間近になると、体の変化に敏感になりますよね。私は4人の子どもを出産しましたが、毎回、コレが陣痛につながるのか?と、日に何度も出産の兆候をスマホで検索していました。同じ親から生まれるなら、出産の兆候も同じだと思っていた私。しかし実際の出産の兆候は、子どもたち4人でそれぞれ違っていました。唯一共通したことは、誰かの助けがある状況のときに出産がはじまり、子どもたちは生まれたということです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
2人目・3人目

 

出産間近になると、もしや陣痛?これが出産の兆候?など、体の変化に敏感になりますよね。私には4人の子どもがいるのですが、親は同じでも出産の兆候はみな違いました。毎回、コレが陣痛につながるのか!?と、出産の兆候にドキドキしていた私の体験談をお伝えします。

 

第一子、第二子の出産

1人目は出産予定日の朝におしるしがあり、念のため受診するとその場で破水。そのまま入院・出産に至りました。

 

同じ親から生まれるのなら、出産の兆候は同じかもしれないと思っていた私。1人目のときの経験から、2人目の出産時もおしるしがあるかもしれないと思っていたところ、2人目はおしるしも前駆陣痛も何もなく予定日超過へ。経産婦でしたが子宮口も硬かったようで、バルーンと陣痛促進剤を使用しての出産となりました。

 

第三子、第四子の出産

3人目は、出産予定日よりも1カ月前に子宮口が1cmほど開き始め、前駆陣痛も頻繁に起こりました。さすがに早めの出産になるかと思っていたら、結果的には予定日超過でした。おしるしもなく、3人目も陣痛促進剤を使用しての出産となりました。

 

4人目は、上の子3人のお世話に追われ、ゆっくりする時間も確保できなかったためか、出産予定日よりも早く、朝におしるしが。その夜には自然に陣痛も始まり、出産に至りました。

 


4人の出産を経験して思うこと

4人の子どもを産んでみて思うことは、出産の兆候は同じ親でもそれぞれの子どもによって違うということです。出産間際になると気持ちがあせり、毎回ネットで「出産の兆候」や「ジンクス」などを検索して調べていましたが、得られた情報が誰しもに当てはまることではないと実感しています。

 

唯一共通していたことは、夫が帰宅していたり、母が来てくれているときだったりと、誰かの助けがある状況のときに出産が始まり、子どもたちが生まれてきたということです。もしかすると、おなかの中で私の状況を感じてくれていたのかもしれませんね。

 

 

臨月は母体にも負荷がかかり、早く出産したいという気持ちも高まります。気持ちがあせってしまうことも多いかもしれませんが、できるだけリラックスして出産のそのときを待ちたいですね。(TEXT:ママライター武山あゆみ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。