生後5~6カ月ごろの赤ちゃんがよろこぶ♪おすすめのおもちゃ

2017/12/22 07:00
5
個人的におすすめナンバーワンのおもちゃは「プレイマット、プレイジム」です。カラフルな色やサウンド、触ると音が出るなど、赤ちゃんの興味をひく工夫が施されています。「おきあがりこぼし」は倒れても起きるといった単純な動きが、赤ちゃんにとって最高に楽しい。ポリエステルやコットンなどの素材が使われている「布絵本」もおすすめです。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
おもちゃ

 

生後5~6カ月ごろになると、おすわりを始める赤ちゃんもいて遊びの幅が広がります。興味のあるものに手を伸ばして遊ぶ赤ちゃんを見ていると、なにかおもちゃを買ってあげたくなります。今回は、生後5~6カ月ごろの赤ちゃんがよろこぶ、おすすめのおもちゃをご紹介します。

 

転がって遊べる「プレイマット」「ジム」

個人的におすすめナンバーワンのおもちゃは「プレイマット、プレイジム」です。商品によっては、生後0カ月から使用できるものもあり、長く遊べるおもちゃのひとつ。カラフルな色やサウンド、触ると音が出るなど、赤ちゃんの興味をひく工夫が施されています。

 

わが子がお昼寝をいやがったときにプレイマットに寝かせると、機嫌よくひとり遊びを始めることが多くて非常に助かりました。そのうちウトウト眠ってくれて、私の思うツボです。

 

定番の「おきあがりこぼし」

出産お祝い品で「おきあがりこぼし」をいただきました。揺れて音が出るだけでなく、触るとカシャカシャ鳴るしかけやミラーもついています。倒れても起きるといった単純な動きが、赤ちゃんにとっては最高に楽しいのでしょう。何度も飽きずに楽しんでいたのが印象的です。

 

赤ちゃんが手を伸ばすと届く場所におきあがりこぼしを置き、手を伸ばしてくるのを待ってみても。自ら体を動かして触れる体験ができると思います。


五感を刺激する「布絵本」

なんでも口に入れてしまう時期。絵本を渡したときには悲惨なことになることも。月齢の低い赤ちゃんには「布絵本」がおすすめです。読むというよりは、見て触り五感を刺激するものだと思います。

 

わが家ではお出かけ用と自宅用に2つ購入していました。ポリエステルやコットンなどの素材が使われており、口に入れても手でムギュッとつかんでも壊れにくかったです。ベビーカーに取りつけるのもいいですね。

 

 

触れたら音楽が鳴る、引っ張る、振るなどで反応を楽しむ赤ちゃん。生後5~6カ月ごろは自発的な動きが盛んになってくるため、五感を刺激するおもちゃがよろこぶと思います。おもちゃを使って親子のやりとりも広がりそうですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。