尿漏れを防ぐ効果あり!?寝たままおこなう安産エクササイズ

2017/12/16 07:00
12
まず筆者がおこなったのが「骨盤エクササイズ」です。ママの骨盤がゆがんでいると、赤ちゃんが産道の中をスムーズに下りることができませんよね。骨盤の位置を整えておくことも大切だと思いました。妊娠中の尿漏れに悩まされた経験があり、腰上げエクササイズにもチャレンジ。また肛門をギュッ締めたまま5秒間ほどキープするエクササイズもお手軽でおすすめです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談

 

長いようで短い妊娠期間。つい体を労わりすぎていませんか? 体を大事にすることは大切ですが、適度な運動も心がけたいですね。安定期に入って体調のいい日にぜひおこなってみましょう。今回は、筆者がおこなった、寝たままおこなう「安産エクササイズ」をご紹介します。

 

安産に向けて!骨盤エクササイズ

まず筆者がおこなったのが「骨盤エクササイズ」です。あお向けに寝た状態で、両ひざはそろえて立てます。次に上体を床から離さないようにしながら、両ひざを右側に倒します。反対側も同様におこないます。1セット×5回を目標に実践していました。

 

赤ちゃんはママのおなかのなかで回転しながら産道を進んでいくので、ママの骨盤がゆがんでいるとスムーズに下りることができませんよね。骨盤の位置を整えておくことも大切だと思いました。

 

尿漏れを防ぐ!腰上げエクササイズ

筆者は妊娠中の尿漏れに悩まされた経験があります。おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮や膀胱などを支える「骨盤底筋」がゆるみやすくなるとか。

 

そこで、妊婦体操で教わったエクササイズをやってみました。あお向けの状態でゆっくりと腰をあげ、体が一直線になったところで5秒ほどキープします。腰をゆっくりおろし、深呼吸。これを無理のない範囲で3回ほど繰り返しました。腹式呼吸を意識するとより効果的ですよ。


いつでもおこなえる!肛門の引き締め

こちらも尿漏れを防ぐ効果のあるエクササイズです。あお向けの状態や立っているとき、座ったときなど、いつでもおこなうことができます。自分がやりやすい体勢でトライしてみましょう。

 

肛門をギュッ締めたまま5秒間ほどキープします。体は力を抜いてリラックスです。尿が出るのを止める感覚で膣をギュッと締めるのがポイント。筆者は10回を目安にし、無理ない範囲内でおこないましたよ。

 

 

とくにお産で使われる「骨盤底筋」は鍛えづらい場所なので、意識したいところです。少しでも尿漏れなどのトラブルを防げるといいですよね。ただ体調の悪い日はもちろん、不調や違和感がある場合はすぐに中止しましょう。(TEXT:ママライター田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。