【出産直後の悩み】母乳が出にくい、授乳間隔が短くて大変…

2017/12/31 22:00
7
出産直後は母乳が出にくかったです。赤ちゃんもじょうずに飲めないことが多かったように思います。授乳間隔が30分なんて時期も。授乳間隔が短くても大丈夫なの? と心配になりましたが「泣いたら吸わせる」が一番の解決策でした。母乳不足感がストレスになっていたことに気づきます。気持ちを楽にしたときのほうが、母乳が出た気がします。

授乳中の赤ちゃん

 

初めての出産を終えると、休む間もなく育児が始まります。私は生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするのでさえ怖いと感じました。なかでも一番大変だったのは、やはり授乳。今回は、出産直後の授乳で私が大変だと感じたことを紹介します。

 

母乳が出にくい!

出産直後はまだ母乳が出にくいと感じました。赤ちゃんも最初のうちはじょうずに飲めないことが多かったように思います。一方、なかには入院中に母乳がよく出るようになっていたママさんも。母乳の出が悪い自分とそのママさんを比べ、ストレスを感じていました。

 

母乳不足感がストレス!

母乳の量は目に見えないからこそ不安になりますよね。きちんと母乳が出ているのか、赤ちゃんの体重は増えているかと、出産直後の私は常に母乳のことを考えている状態でした。いま振り返ると、母乳不足感がかなりのストレスになっていたように思います。


授乳間隔が短くて大変!

母乳は赤ちゃんに直接飲んでもらうことによって分泌が促されます。授乳間隔が30分と短い時期もあり、こんなに授乳間隔が短くても大丈夫なの? と心配していたときもありましたが「泣いたら吸わせる」が一番の解決策でした。そのおかげか、少しずつ母乳が出るようになっていきました。

 

ただし無理は禁物! 私は無理をしすぎて、退院直後に体調を崩してしまいました。当時は助産師さんに相談し、母乳の量が安定するまでミルクとの混合育児で様子をみました。

 

 

私の場合、母乳育児が軌道に乗り始めたのは、産後3カ月ごろでした。いま振り返ると人と比べる必要なんてなかったなと感じます。母乳の量が安定するまでの期間は人それぞれ。当時の自分に、周りと比べたり人から言われることに一喜一憂したりする必要なんてない! と伝えたいです。


著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。