先輩ママおすすめ!子どもと一緒に楽しめる絵本3選

2018/01/13 07:00
3歳の長男、1歳の長女、0歳の次男の三きょうだいの育児に奮闘している33歳の母です。長男、長女の育児で絵本に触れる機会がとても多くなりました。『だるまさんシリーズ「が・の・と」』は、思わずまねっこしたくなり、『ねないこだれだ』はインパクト大のおばけが主人公です。『はらぺこあおむし』は仕かけと色彩などに特徴のある、大人も一緒に楽しめる絵本です。
カテゴリ│
エンタメ
中カテゴリ:
絵本

 

3歳の長男、1歳の長女、0歳の次男の三きょうだいの育児に奮闘している33歳の母です。長男、長女の育児で絵本に触れる機会がとても多くなりました。今回は、大人の私も一緒になって楽しんでいる、長男、長女の鉄板絵本をご紹介したいと思います。

 

『だるまさんシリーズ「が・の・と」』(ブロンズ新社)

生後12カ月ごろから読み始めたこの絵本は、「だ・る・ま・さ・ん・が」のあとに続いて、いろいろな動きをするだるまさんが描かれていて、子どもたちが思わずマネっこをしたくなるような内容です。

 

この絵本はシリーズになっていて、『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』の3冊があります。3冊ともページをめくるたびに笑顔と発見が生まれる、大人も子どもも楽しめる絵本たちです。

 

『ねないこ だれだ』(福音館書店)

『ねないこ だれだ』は、1歳半ごろから長男が大好きな絵本です。内容は、おばけの時間(夜)なのに起きている女の子とおばけのお話です。

 

「こんな時間におきてるのだれだ?」というフレーズで、こわいけれど見たいという子どもの好奇心をくすぐる一冊です。表紙のおばけの姿はインパクト大! 子どもたちはおばけと言ったらこの絵本のおばけを思い浮かべるようです。


『はらぺこあおむし』(偕成社)

『はらぺこあおむし』は、わが子が1歳ごろ、歌がきっかけで興味を持った絵本です。エリック・カール作のとっても有名な絵本ですが、わが家の子どもたちも全員が大好きな一冊です。

 

あおむしが毎日いろいろなものをどんどん食べ、成長していく姿を描いた絵本で、穴あきのページや独特の美しい色彩が子どもたちは大好きです。歌いながら絵本を読むと、子どもたちも大人も笑顔になれる一冊です。

 

 

同じフレーズが繰り返されたり、歌うようにお話ができたりすると、子どもも大人も絵本を一緒に楽しむことができました。絵本を見ながら体を動かしていると自然に子どもが内容を覚え、本を見なくてもお話しするように。今では、長男、長女が次男に絵本の読み聞かせをするマネっこをしてくれています。(TEXT:ママライター簗田智花)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

エンタメの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。