先輩ママが実践!赤ちゃんが安全に過ごせるリビングづくり

2018/01/17 12:00
14
観葉植物や角がとがったローテーブル、ハンガーポール。赤ちゃんが安全に過ごせるリビングにするために、危険だと思うものすべてを別室に移動しました。家具と家具をピッタリつけて角をなくす配置もおすすめ。デコボコの少ない配置にすることで、角にぶつかるリスクを減らせます。親の趣味品など、細々とした小物は、カゴなどにまとめて収納。移動や取り出しがスムーズになります。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
インテリア
工夫
収納

 

赤ちゃんと過ごすことの多いリビング。赤ちゃんの行動範囲が広がる前に安全な環境を整えておきたいですね。家具を移動するなど、手間がかかることもありますが、整理をするチャンスにもなります。今回は、わが家が実践した赤ちゃんが安全に過ごせるリビングづくりをお伝えします。

 

危険なものは別室に移動する

 

リビングにはおとなの背丈以上ある観葉植物や角がとがったローテーブル、ハンガーポール。書棚にはDVDや雑誌、小物類など、たくさんの物であふれていました。赤ちゃんがいちばん長い時間を過ごすリビングに危険がいっぱいです。

 

そこで、危険だと思うものすべてを別室に移動しました。そうすると新たなスペースが生まれ、赤ちゃんが過ごしやすい環境に。さわってほしくない物はクローゼットの中など、手の届かない場所に保管しました。

 

家具を移動して角をなくす

 

赤ちゃんの動きが活発になってくると、家具などに頭をぶつける危険性も出てきます。テーブルの角にコーナークッションをつける対策も効果的ですよね。また、家具と家具をピッタリつけて、角をなくす配置もおすすめ。

 

デコボコの少ない配置にすることで、角にぶつかるリスクを減らせます。見た目もスッキリし、リビングの雰囲気もガラッと変わりそう! ただ、家具を移動するのが難しい場合は、無理をせずにコーナークッションで対処しましょう。


あふれる小物はまとめて収納する

 

親の趣味品など、細々とした小物は、カゴなどにまとめて収納しました。よく使うもの、そうでないものに分けて収納すると、移動や取り出しがスムーズになります。カウンターの上など、赤ちゃんの手が届かない場所に箱ごと置いていました。

 

よく使うテレビのリモコンやティッシュも置き場所を決めておくといいと思います。何気なくティッシュを床に置きっぱなしにしていると、部屋中ティッシュだらけに……という話もよく聞きますからね。

 

 

わが家では、赤ちゃんが触ってもいいおもちゃはカゴの中に集めて入れて置いておきました。安全に配慮をしながら収納、整理をするのは大変ですが、リビングの総点検をするいい機会にもなると思います。夫婦で相談をしながら、ぜひ実践してみてくださいね。(TEXT:ママライター田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
14

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。