目を離したすきに転落!注意すべき事故後の子どもの観察ポイント

2018/01/18 07:00
当時1歳の娘がジャングルジムから足をすべらせて頭を打ったことがありました。病院の先生いわく、大泣きしても機嫌が戻り、いつもと変わらない様子なら、まずは大丈夫だということ。ただ、しばらくして症状が現れることもあるため、48時間は観察をする必要があります。意識がもうろうとするなど、緊急を要する場合は救急車を呼びましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
事故
体験談
安全対策

公園のジャングルジムのイメージ

 

当時、娘が1歳のころ、お兄ちゃんのマネをしてジャングルジムによじ登ったことがあります。私が目を離したすきに転落。お兄ちゃんの話では2段ほど登ったところで足をすべらせたと言っていました。今回は、万が一に備えて知っておきたい、転落してしまった子どもの状態の観察ポイントなどをお伝えします。

 

目を離したすきにジャングルジムから転落

一瞬でも子どもから目を離したらいけないと分かっているのに、ふと魔が差してしまいました。当時、1歳の娘と3歳の息子を公園に連れて行った日のことです。ちょっとメールのチェックをしよう。たった数秒、子どもたちから目を離してしまいました。

 

娘の泣き声で、ハッとしました。見るとジャングルジム近くで娘があお向けになって倒れています。急いで駆け寄り、息子の話を聞くと2段ほど登って足をすべらせたと言っていました。

 

転落してしまった子どもの状態の観察ポイント

娘は転落したときに頭を打ったため、念のため病院に行きました。先生いわく、大泣きしても機嫌が戻り、いつもと変わらない様子なら、まずは大丈夫とのこと。ただ強く頭を打った場合は、しばらくしてから症状が現れることもあるため、48時間は観察をする必要があるということでした。

 

事故後は意識があるかをたしかめること。そして手足はふだん通り動くか、顔色はふだん通りか、嘔吐やけいれんなどの変わった様子がないかを観察することが大切だと教わりました。


病院へ行くとき、救急車を呼ぶとき

けいれんや嘔吐がある、反応が鈍い、さわると特定の部位を痛がって泣くなど、いつもと様子が違う場合は病院へ行きましょう。意識がもうろうとするなど、緊急を要する場合は、迷わず救急車を呼びます。

 

ジャングルジムの一件で、事故はほんの一瞬で起きることを私も改めて痛感しました。油断をしてしまった自分がいやになりましたが、二度と繰り返さないよう、子どものそばから離れないように気を付けています。

 

 

子どもから目を離さないでいても、ママの手が間に合わなくて頭をぶつけてしまうこともひょっとしたらあるかもしれません。だからこそ万が一のために事故後の観察すべきポイントや応急処置などを知っておく必要があると思いました。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 0
  • 0
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。