さまざまな場面で使える♪ちょっと意外なおくるみ活用法

2018/01/16 12:00
12
おくるみは「包み込む」だけじゃありません。授乳やおむつ替え、離乳食での「困った」「もうイヤだ」そんなときに大活躍。赤ちゃんの肌にもやさしいうえに、お手入れかんたんでお母さんにもやさしい育児グッズ。きっと、おくるみひとつで赤ちゃんもお母さんも今よりずっと快適に過ごすことができるようになるはずです。

 

出産祝いでいろいろな方から「おくるみ」をもらい、気付けば全部で8枚のおくるみを手にした筆者。正直、「こんなにもらっても困る……」というのがもらった当初の思いでしたが、想像以上にいろいろなところで使えることを発見し、毎日大活躍! 今回は、おくるみ本来の「赤ちゃんを包み込むこと」以外のちょっと意外な活用法をご紹介します。

 

おくるみ活用法【1】授乳ケープ

大判サイズのおくるみは、授乳ケープとしても活用できます。隣同士の端と端を首の後ろに巻いて結べば、他人に見せたくない部分をしっかりカバーできます。

 

おくるみなら、汚れても洗濯機に入れてさっと洗うことができるうえに、赤ちゃんの肌に触れても安心な素材が使用されている点もうれしいポイント。母子ともに、外出先での授乳のストレスが軽減されます。専用の授乳ケープを購入せずともおくるみでじゅうぶん代用できるので経済的でもありますね。

 

おくるみ活用法【2】ハイローチェアのカバー

離乳食が始まると、ハイローチェアを使用するお母さんも多いのではないでしょうか? ハイローチェアのお悩みのひとつに「カバーの洗濯」があります。まだまだ赤ちゃんは食べ物をこぼしたり、汚れたままの手でカバーを触ったり……。しょっちゅう洗わないといけないのはストレスですよね。

 

カバーをはずして洗濯して、またカバーを取り付ける……。そんなめんどうな手間もおくるみで解決します。カバーの上にさらにカバーという形でおくるみを敷いて赤ちゃんを座らせると、汚れてもさっとはずして洗濯できます。


おくるみ活用法【3】おむつ替えシート

外出先でのおむつ替え。古びたおむつ替えベッドや汚したくない車の中など、望ましくない場所でおむつ替えをしないといけない場面もあるかと思います。


そんなときもさらっと1枚おくるみを敷くだけで、赤ちゃんにも衛生的なうえに、汚してしまうリスクも軽減できます。万一汚れた場合はさっと予洗いしてから洗濯機へ。気軽に洗えるから、お母さんのストレスも少なくなるはずです。

 

 

わが家の意外なおくるみ活用法、いかがでしたか?「寝室」「ハイローチェア」「車」「お出かけバッグ」など、おくるみはいろいろな場所で大活躍。ぜひこれまで知らなかったおくるみの使い方があればお試しください!(TEXT:ママライター古川花)


  • 私もおくるみ大好きでよく使ってます。
    私は和食屋さんの座敷で食事するとき、座布団の上に敷き、その上に赤ちゃんを寝かせてました。
    また埃っぽい場所でベビーカーの上からすっぽりかけて埃よけにしたり、日除けにしたり、夏のお昼寝のブランケット代わりにしたり、色々役に立ちます。

    2018/07/01 00:07

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。