【ママの体験談】夜泣きやぐずりで眠れない日々。ひとりで構え過ぎないで

2018/01/26 23:00
0
わが子は寝ることがきらいなの?と思うほど、眠らないタイプでした。ようやく朝まで眠るようになったのは3歳にはいってからです。生後8カ月ごろになると、理由の分からない「ぐずり」にも悩まされました。こうした壁に直面したとき。ひとりで構え過ぎていたと感じます。わが子が1歳を迎えるころに高熱でダウンしてしまいました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談

ママとパパと赤ちゃんのイメージ

 

赤ちゃん時代はとにかくかわいい時期でもありますが、育児の大変さを痛感する時期でもあると思います。筆者の場合は、夜中に何度も泣いて起きる「夜泣き」、理由の分からない「ぐずり」に疲労困憊でした。今回は、そんな壁に直面し、まわりの協力を得る必要性を感じたときの体験談をお伝えします。

 

「夜泣き」に疲労困憊だった日々

わが子は「寝ることがきらいなの?」と思うほど、あまり眠らないタイプ。とくに0歳代は地獄の日々でした。1時間続けて寝てくれたらいいほうです。

 

1歳に入ってからは夜中に何度も泣いて起きる「夜泣き」の対応に疲労困憊になりました。ようやく2~3時間まとまって寝てくれるようになったのは2歳に入ってから。朝まで眠るようになったのは3歳に入ってからです。よく眠る、眠らないは、個性によってさまざまなようです。

 

理由がわからない「ぐずり」に困惑

生後8カ月ごろにもうひとつ悩まされたのが、理由の分からない「ぐずり」。外出先でぐずりが始まることもあり、対応に困り果てたこともあります。あやしても、なにをしても泣きやまない……。誰しもストレスを感じると思います。

 

イライラしてしまい、わが子のことがかわいく思えない時期もありました。今だから気付くことですが、こうした壁に直面したときに「ひとりで構え過ぎていた」と感じています。


まわりの協力を得る必要性 

“育児はすべて自分で!”そう構え過ぎてしまった結果、私はわが子が1歳を迎えるころにダウンしてしまいました。ダウンしたときは、夫が夜泣きの対応をしてくれました。夫との役割分担を決めることで、どれだけ負担が減るかを実感しました。

 

育児に限らず、ひとりで悩みを抱え込みすぎることはよくありません。無理をし過ぎず、まわりの協力を得る必要性を感じました。

 

 

生真面目な人ほど無理をする傾向があると思います。いいところでもありますが、筆者のように裏目に出てしまうことも。夫の協力や子育て支援サービスを利用するなど、まわりの協力を得ることも育児をするうえで大切だと学びました。(TEXT:ママライター田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。