子どもの命を守る!道路への急な飛び出しに注意深くなろう

2018/01/24 12:00
0
子どもを持つ親なら一度は心配になる子どもの「道路への飛び出し」。先日運転中に、子どもが飛び出してきて、震えが止まらない経験をしました。わが子も道路へ飛び出した経験もあり、ハーネスを利用しながら道路へ飛び出さないように徹底しました。今回、子どもを乗せて急ブレーキをかけましたが、車内にいる3歳の子どもに痛みが出ないか心配でした。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
事故
体験談

道路

 

子どもを持つ親なら、一度は心配になる「道路への飛び出し」。みなさんは子どもが道路に飛び出してしまった経験はあるでしょうか?筆者は、自分の子どもが道路に飛び出してしまったことがあります。加えて、運転中に子どもが飛び出してきて、震えが止まらなかったことも経験しました。

 

運転中に1~2歳くらいの子が飛び出してきた!

先日、車の運転中に停車している車の影から1~2歳くらいの子どもがいきおいよく道路に飛び出してきました。あわてて急ブレーキを踏み、子どもの1m手前で止まることができました。子どもだけが道路を走り渡り、保護者が見当たりません。

 

しばらく車を止めて様子を見ていると、ようやくベビーカーを押すママの姿が……。あまりに危険な状況だったため、「危うく車でひいてしまうところだったこと」「注意してほしいこと」を伝え、その場を離れました。

 

わが子も道路に飛び出すタイプだった……

私には4人の子どもがいますが、第3子だけママが見えなくても走って行ってしまうタイプです。「まだ1歳だし、走れば追いつける」と思い、なにも対策をしていなかったときのことです。勝手にベビーカーのベルトをはずし、道路に一直線で飛び出していきました。

 

幸い車は来ていませんでしたが、その素早さに追いつけませんでした。そのときから危険を感じ、ときにはハーネスを利用しながら道路へ飛び出さないように徹底しました。


急ブレーキをかけるほうに危険が及ぶことも

子どもを持つ前は、子どもの飛び出しなどのニュースを見て、「車を運転する側が気を付ければいいのではないか」と軽い気持ちで考えていました。しかし、子どもを乗せて運転するようになると、急ブレーキをかけるほうにも危険があると実感しています。

 

子どもの飛び出しで急ブレーキを使いましたが、車内には3歳の子どもを乗せています。チャイルドシートに座ってはいるものの、急ブレーキの影響で首などに痛みが出ないか、とても心配したことを覚えています。

 

 

子どもの飛び出しによる事故は、被害者も加害者も悲しみしかありません。すばやい子は、1歳でも大人の手をすり抜けて道路に飛び出してしまうこともあります。保護者はしっかり手をつなぐなど、目を離さず危険回避を徹底してほしいと思います。(TEXT:ママライター武山あゆみ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。