【ママの体験談】おしりが痛い!妊娠中の坐骨神経痛

2018/02/01 21:00
0
妊娠後期から体重が急激に増え、おしりに痛みが出てきました。病院での診断は「坐骨神経痛」。赤ちゃんの重みのほかにも、冷え性で血流が悪くなっていたことも原因でした。妊娠中は体を温めることが大切だとアドバイスをもらい、骨盤ベルトで支えたり、患部を温めたりすることで、完治まではいかなくとも痛みをやわらげることができました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
病気・ケガ
産後

妊娠中の坐骨神経痛イメージ

 

妊娠後期になり、体重が増えて体が重くなるにつれ、おしりに痛みが出るようになりました。病院で相談すると「坐骨神経痛」との診断が……。今回は、私と同様の症状で悩んでいる方に向けて、私が妊娠後期に感じた症状と治療の経過をお伝えします。

 

妊娠後期に「坐骨神経痛」の診断

妊娠後期に入ったころ、私は一気に体重が増えてしまい、足腰に負担がかかるようになってしまいました。そのせいか、おしりに痛みが出始め、横になっても何をしていても痛みが気になるように……。

 

病院で受診すると「坐骨神経痛」と診断されました。私の場合、妊娠によるホルモンバランスの乱れと、出産のために開き始めた骨盤の影響だと聞きました。

 

骨盤をベルトなどで支え、患部を温める

臨月に入り、おなかの赤ちゃんの重みでさらに坐骨神経痛の症状が増していきました。原因はわかっているものの、妊娠中の完治は難しいとのこと。痛みをやわらげる手段として、「骨盤をベルトなどで支えること」「患部を温めること」を病院で教えてもらいました。

 

まずは、めんどうであまり使っていなかった骨盤ベルトを外出時は必ず使用。温熱シートや湯たんぽなどの保温グッズでおしりや腰を温めるようにしました。その結果、おしりの痛みがやわらぎました。


産後も患部を温め、骨盤サポーターを着用

出産を終えると痛みも落ち着くのかと思っていましたが、私の場合、産後2カ月くらいまで痛みは続きました。産後、すぐには骨盤が元に戻らないことも理由のひとつですが、冷え性による血行の悪さも原因だったようです。

 

産後も引き続き、保温グッズで患部を中心に温めながら、病院で勧められた産後用の骨盤サポーターを着用することで痛みがなくなっていきました。坐骨神経痛に限らず、体を温めて血行をよくすることは、妊娠中のさまざまな不調の改善につながるとも聞きました。

 

 

妊娠中は体が重くなり、いろいろなところに負担がきますよね。私自身、冷え性で痛みが強く出てしまったという経験から、妊娠中はとくに体を冷やさないよう気にかけることをおすすめします。(TEXT:ママライター深田よう子)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。