【ママの体験談】つわりがなかった妊娠初期。楽だけど助けてもらいにくい

2018/01/30 22:00
7
妊娠に気付かなかったほどつわりがまったくなかった妊娠初期。元気なぶん、周りからもあまり心配されず、私自身もお願いしづらい気持ちがあり、家事を休むことに罪悪感がありました。しかし病院で、おなかで赤ちゃんが成長している大事な時期だということを注意され、周りにも話し、いくら自分が大丈夫でも赤ちゃんのためにも休むように気を付けました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
つわり
妊娠の悩み

妊娠初期のイメージ

 

妊娠したことに気付かなかったほど、つわりがなかった妊娠初期。長女を妊娠しているときはつわりがありましたが、次女のときはつわりがなく、とても楽でした。ただ元気なぶん、反対に困ることもあったんです……。

 

つわりがなかった妊娠初期

次女を妊娠したときのことです。当時、私は生理不順だったこともあり、生理がこないことをあまり気にしていませんでした。長女を妊娠したときにあったつわりの症状もなく、妊娠だとは思っていなかったのです。さすがに、こんなに生理がこないのはおかしいという段階で検査をしてみると、すでに妊娠3カ月でした。

 

その後もほとんど体調に変わりはなく、ふだんの生活に支障がなかったので、今まで通り、買い物で荷物を持ったり長女を連れて出かけたりしていました。

 

元気なのに休む自分に罪悪感

つわりがないこと自体はとても楽でしたが、そんな私の元気な様子を見て、主人や同居している主人の家族も安心し、手助けや用事を頼みにくい状況でした。逆に「休んでいたらダラけていると思われるのでは……」と気になり、長女のお昼寝のときに一緒に横になる自分にすら罪悪感をおぼえていました。

 

そんなとき、妊婦健診でつわりのない私の生活について話をすると、助産師さんから注意を受けてしまいました。


赤ちゃんがいるという自覚を持つこと

助産師さんに「いくら元気に動けていても、おなかの中では赤ちゃんが成長しているということを自覚しなさい」と少しきつめに指導を受けました。私のようにつわりのない人は、周りに頼りにくい状況になり、ついつい無理をしてしまうことが多いんだそうです。

 

私は家族に「つわりがなくて元気だけど、おなかの中の赤ちゃんのためにも無理はできない」という話をして、それからは重い荷物は主人にお願いし、家事も休み休みするように心がけました。周りの協力のおかげで、大事な妊娠初期を無事に過ごすことができました。

 

 

つわりがないといつも通りの生活ができるので、楽な反面、周りからの手助けも借りにくくなります。それでも、おなかの中には大事な赤ちゃんがいます。無理のない妊娠生活を心がけたいですね。(TEXT:ママライター深田よう子)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。