【ママの体験談】ホルモンバランスの乱れ?気持ちが不安なときの対処法

2018/02/05 23:00
5
四度の出産を経験し、30代に突入したころから急に不安になることが増えていきました。そんなときは、とにかく歩くことにしています。子どもはベビーカーに乗ってもらい、ひたすら早歩きで1時間ほど歩くと気持ちも体もスッキリします。家の中を整理整頓することも、頭の中が整理されて気持ちが落ち着いてきます。不安な要素がわかれば、少しでも解決できる行動をとっています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
生活習慣

ママの不安解消のイメージ

 

私は四度の出産を経験し、30代に突入したころから急に不安な気持ちになることが増えていきました。そんなときに私が実践している対処法がいくつかあります。私と同じように不安な気持ちを抱えている方に向けて、気分転換の方法をご紹介します。

 

1.とにかく歩く!

ふだんは車での移動がほとんどの私ですが、不安な気持ちが続くときはあえてたくさん歩くようにしています。子どもはベビーカーに乗ってもらい、スーパーや銀行など、自分でルートを決めてひたすら早足で歩きます。

 

1時間以上歩いて家に帰ってくるころには不思議と不安な気持ちが解消され、気分も体もスッキリしています。住宅街や公園付近を歩き、植えられているお花を見たりするとさらに気持ちもいやされています。

 

2.片付けをする!

外出できないときは徹底的に整理整頓することで気分転換しています。日々使っていると引き出しの中がごちゃごちゃになっていきますよね。引き出しの中のものをすべて出し、ケースもきれいに拭き、必要なものと捨てるものを分けて収納し直すと気分もスッキリします。

 

家の中が片付くと、自然と自分の頭の中も整理されたように感じ、何に対して不安になっているのか理由がわかったり、落ち着いてきたりします。寝具類をきれいなものに交換するだけでも、気持ちが入れ替わり、スッキリするのでおすすめです。


3.不安要素を少しでも解決する!

自分の不安要素がわかったときは、できる範囲で解決に向けて行動するようにしています。たとえば経済的な不安の場合。下の子どもは預け先がなく現在はパートなどもできない状況ですが、在宅ワークを探す、夫の休日に短期の仕事をするなど、少しでも解決できるように行動しています。

 

健康が不安な場合は、新鮮なお野菜をたくさん摂るなど、気休め程度のことでも「行動した」というだけで気持ちも落ち着いていきました。

 

 

あくまで個人的な解消法ですが、今のところ、この3つで不安な気持ちを解消できています。私と同じように、急に不安な気持ちにかられてしまうという方は、ぜひ試してみてくださいね。そして、もやもやした気持ちをスッキリさせる自分なりの方法を見つけられるといいですね。(TEXT:ママライター武山あゆみ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。